Memosphere

HPのことや、日々のことなど

地震がありましたね。 うちの周辺は震度4くらいみたいです。
震度4くらいだけど、うちの家は古いしボロいので大丈夫かなあって思ってしまう。
今回も無事に済んだだけど。
ガタガタガタ…ッドン!、ガタタ…って感じだったかなあ?
ドンってきた時は、浮いたものが落ちてきたっていう感じでしたね。

今年も咲いたオシロイバナ(多分)↓
うちの庭にいつの間にか生えていたんですよね。 
246
スポンサーサイト
『空の境界』、視聴終了。 見逃した部分も後から観れたので、全部観れた、のかな?
映像では伝わりにくいというか、何があったのか???な部分もあったので、小説読んだほうが良いんでしょうね。
…流石にそこまで追えないけど。
終章だっけ? なんか話しているシーンばっかりだったけど、興味深かったです。
全部観ると、あーなるほどなあ、世界観作りこまれているなあっていう感じで、個人的にキャラがどうこうというより設定なんかが興味深い感じ。
私は視認しやすい画像やキャラから入ることが多いのですが、設定が気になるパターンでした。
キャラは特に…好みなこいなかったですかねー。
あ、でも石田さんの演じてたキャラ、結構好きかも?
なんか『空の境界』(名前と絵は見かけたりしたけど見たことなかった)っていうのが一挙放送してたので
観てたのですが長かったので3章の途中で数十分観れなかったです。
でも観ても多分、???ってなったと思う。
あと個人的にはちょっとグロ系だったので、苦手かも。
まあ、そのあたりはあまり意識せず観てれば大丈夫といえば大丈夫だったけど。
あの世界の魔術師事情をよく知らないのと時系列順ではないから???ってなりながら観てましたわ~。
なんだかんだで明日の放送も観ようかと思っていますが、はまる事はなさそう…。
絵を贈る際に思うこと…日付とか間違えてないよね!?っていう(苦笑)
あと修正箇所ありませんように…って毎回ドキドキしますね!
画力不足はすみません…ってなります…。

瑠璃さんのサイトの14周年お祝いで描いた絵の一部↓ 
紫陽花が、描きたかった…。 でも思ったより難しくて大変でした。
私の使っているソフトが古いので、今のソフトなら色々楽なやり方があるのかも知れませんが…。
紫陽花は青系が好きなんですよね。 ほかの色が嫌という訳でもありませんが。
因みに彼岸花verも描きました。 彼岸花があまり背の高い花ではないので、空の面積が多くなっちゃったんですけどね。
絵の雰囲気を違いを楽しんでもらえたら良いかな~v
245
『私がエビテンス』って、被害の可視化?の目的の為の手段として用いたにしても、手段が目的と誤解(?)されるような使い方になっているような気がするし、誤解した側の理解力や意識(思想)が問題っていうなら、それはそれで問題な気がしなくもないですね…。

外国行って、ベビーカー移動を手伝ってもらったり、子供あやしてもらえたりして、外国人は優しい…日本だとありえないっていうような嘆きを読むと、ありがたい気持ちはわかるけど、日本でそれをやってもあまり話題にならなかったり(普通の事だから、愚痴のほうが出やすいんだよね…)、見ず知らずの人があやしてきたりたら、おせっかいだとか気持ち悪いっていう怒ったりしてた件とかあるみたいなので、言葉や文化が壁になって、思い出補正的なものもあるのではないかと思う時が…。
話しかけ方が悪かったんだとか、受け取り手がどう思うかが問題とか…分からなくもないのですが、あまり酷いと無視が一番、遠巻きが標準装備、そういうのはそういうのが仕事、義務な人に任せれば良いっと、ポリコレ基準の無縁社会になっていくと思うし、それを推進しているのかなあ?って思わなくもないのですが…。
福祉でやればいいとかね(その財源どこから問題と、下層は自分の子の面倒見れないけど他人の子なら稼ぎになるから面倒見れるという、親とは一体?みたいな社会になる気がしてるけど…)

『男の子だってお姫様になれる』っていうのをジェンダーフリーで使うのも気になるところ。
お姫様になれる保障もないし、お姫様な男(成人)を女性は守ろうとしてくれるのでしょうか?
男性がマザコンになるのって、男(成人)を守ってくれるのが母親という存在だからっていうのが大きいと思うんですよ…。
母親にとっては自分の子供、ですからね(それでも社会的には独り立ちした大人として接するべきな部分が大きいとは思いますが)
男(成人)は女子供(弱者)を扶養対象としてみますし、女(成人)は男(成人)を弱者で扶養対象とみる事は少ないと思います。
少なくとも、男(成人)に男らしい甲斐性とやらを求めるし、求めて悪い事ではないどころか女(弱者)と違うのだから当然の権利っと無意識に思っている節があるようにみえるんですよね…。
男も子供が産めない立場というのとこの部分を無意識下で分かっているから、男の甲斐性として、力や名誉で存在を示そうとする…ように見えるんですよね。
ジェンダーフリーというなら、この両者の意識をフラットにするべきだと思うんですよ…特に男に今以上の稼ぎ+家事+育児を求めるならね。
私はこのあたりは、男女の需要と配給が一致しているから、別にフラットにしなくても良いと思うし、甲斐性を求められる男性がかわいそうとも思わないのですが(時々かわいそうにみえる時があるけど)、家事育児をしても、この程度でやったと思うなっと言われるのが当然というなら、なら女性も甲斐性求めるのは如何なものか…フリーどころか、ジェンダーロールを強化したいの?っとなるというか…(本音は白黒つけたいっていう事なんだろうな…って思います。 日本はこの辺り、規範はあくまで規範だしで、グレーなところが多いんですよね…そこをがちがちのジェンダーロールと勘違いしていると思う…日本でフリーっていうパターンは)
よく男性は下駄を履かせてもらってるっていうけど、男に当然の権利として甲斐性を求めれる時点で女性も下駄を履かせてもらっているといえるのでは?っと思えなくもないです…。
体の性能的に稼ぎに特化するのほうが需要があるからその方向で存在示そうとするのは自然な流れなきがするし、そこから脱落した存在を守ってくれる存在が限られていれば尚更、強化していくだろうし、女のほうが遺伝子的に優れているのに教育で下だと思い込まされているっていうなら元々女より下回っているらしい男が下駄をはかせてもらえるのは弱者としての当然の権利では?ってなるし…男女の関係を強者弱者=加害者被害者でみてるの、どうかと思うこと結構あるんですよね…。
まあ、極論見ているのかも知れないんですけどね(でもそうではないのって、何故か排外だとか差別主義者扱いみたいだから、極論として仰っているつもりはないのかなって…)