FC2ブログ

Memosphere

HPのことや、日々のことなど

猫の話ですよ(笑)
起き抜けに、お手洗いに行ったのですが、直後に猫に構って遊んでー攻撃をされたのです。
しかし手をまだ洗っていなかったので、待っててねっと手を洗っている隙に、
待ちきれなかった猫はイスに座った母の膝に飛び乗って構って!っとアピール。
目前で浮気されてショックです…。
君、私に向かって膝に乗せろっと訴えてきたのではなかったのか?
とりあえず母の膝から奪い(笑)、自分の膝に乗せました。
いつものようにマッサージしてあげると喉をならす猫。
…でも構ってくれるなら母でも姉でも誰でも良い!ってあたり、猫ですね…。
気まぐれな…。

しかし、これが私の拾ってきた猫のほうだと事情が違います(上記のは姉が拾ってきた子)
母一途です! 基本的に母にしか甘えません。
とにかく母です。 母さえいればそれで良い!っという感じです。
同じ猫でも大分違うものですね。

…って単に性格の問題ですね。

姉の拾ってきた子=野良3ヶ月で栄養失調だったせいか、
            やたら根性がある割に寂しがりの甘えっ子。
            食い意地は結構ある。
            何でも食べようとするのでかなりドキドキ。
            寂しかったら苦手な父でも良いから構って欲しいらしい。
            いつもは見かけたら即座に逃げるのにね…。
            一番は拾ってくれた姉っぽいが、母と私と姉の三人のうち
            誰か一人でもいれば別に良いらしい。
       
私の拾ってきた子=生後1ヶ月ほどで捨てられたらしい。 
            昔、私に構い倒されたせいで、諦めを覚えた大人(苦笑)
            母大好き。 
            父は恐怖のボス(足がすくんで動けないらしい。
                      でも自分から挨拶し顎で使う事も)
            母に抱っこされている時は絶対に誰のところにもいかない。
            器用に手を使って、嫌っと相手を押し返し、
            母に抱っこされている…。
            私の事は喧嘩友達的認識のもよう…。
            姉は時々見る人的認識らしい。
         
両猫の共通点。
掃除機嫌い。 お風呂嫌い。 父が苦手(笑)
我が家の猫にとって父は恐怖の存在らしいです。
でも嫌いではないらしいです。
スポンサーサイト