FC2ブログ

Memosphere

HPのことや、日々のことなど

Kの設定資料集が再販されていたので、購入してみました。
ブックの方にあるかと思ったらグッズのコーナーにあって分かり辛かったです。
設定資料集とか好きだからさ…。
ドラマCDとかも気になるけど、どうやら私の中で本のほうが重要度が高いみたいです。
DVD(BD)よりCDで、それより本が最重要っぽい。

感想。

なんていうか塗り絵みたいでした。 紙も薄くて。
最初の皆の立ち絵(身長差)に、ヴァイスマン大きい、因幡さん大きい…っと驚き。
ネコの猫姿が可愛くて、ある動作の絵に笑いましたv こんな猫居る(笑)って感じで。
尊さんのメガネ…ゴーグル、サングラス?姿に、そんなシーンなかったよね?っと思いました。
顔だけだけど。 メガネ好きだからかなあ(原作者(の一人?))
室長は、メガネをとったら睫が!な、絵に笑いました。 思わず最終話を見返してしまいましたよ。
確かにメガネをとったあとは小さい画面以外はほぼ睫描いてあるー?みたいな…。
まあ、メガネしてても睫がある時はあるんですが。
美しい云々と言われていたのが分かった気がする(笑)
で、思ったのですが、室長の設定はさておき、凄み(睨んでるとかだけじゃなく)がある時の絵は睫を描くみたいですね。
多々良は睫バシバシに描かれていたので、設定資料集見たらきっと睫が…っと思ったら無かったので、意外でした。
あとは小道具のサーベルにトキメキいたりしてました。 刀とか…線が多くないので、勉強になるというか。
コメントなんかはないので、物足りない巻があったのですが、それなりに楽しめました。
しかし紙が薄すぎて、うっかり落としたら最後、悲惨すぎるなっと丁重な扱いが求められるなあって…。
スポンサーサイト