FC2ブログ

Memosphere

HPのことや、日々のことなど

語源とか調べるのが好きです。 にわか仕込みで薄い知識ですが…。

昨日の日記で、日本~で思い出したのですが、
ジャパンも、日本という言葉が由来っていう説。
やまと(が太陽の下から日の下(本)とするならか?)にほん→にっぽん→じっぽん(日はじつとも発音するので、じっぽんとも言うらしい)→じぱんぐ(じっぽんがそう聞こえたらしい)→じゃぱん、という風になった、というのは有名ですかね?
私は近年まで知らなかったのですが…。

因みに、中国は中心の国…の意味らしいですが…日本でいう中国地方とまざるので、幼い頃は混乱しましたよ…。
日本人的には、『支那』という呼び方になるのでしょうかね?
『支那』を蔑称ではないそうです。
英語でいうところの、チャイナと同じ。 フランス語のシーナ、イタリア語のチーナなど。
かつて彼らが『秦』と名乗ったのが由来だそうで。
何故か、中国の方が蔑称だと思っていて使って欲しくない、ということらしいのですが…、
ならばチャイナもシーナも駄目なんじゃ? でもそのままですよね?っていう不思議。
漢字圏ではないからなんでしょうかね?

そういえば、中国には日本の単語(理科とか科学とかだったかな? 万ほどあるっていうのですが…)が多く使われているそうです。
昔、日本へ留学に来た中国の方が便利だと中国でも使うようになったとか…(うろ覚え)

あとチャンコロ、といのも蔑称ではないそうです。
中国人という発音が、チャンゴレンというそうで、彼らが自分たちのことをそう呼んでいたそうで…。
現地の人の言葉が由来で、日本人の耳にはチャンコロって聞こえたって事でしょうか?
元々侮蔑用語ではないようですね…。

イエローモンキー(これは黄色人種に対してかな?)とか日本鬼子とか豚足(チョッパリ…だっけ?)は、侮蔑用語として発生した言葉かも知れませんが。
ジャップは元々ジャパンの略と聞きました。 色々あって今で蔑称として定着している部分もありますが、個人的には…侮蔑用語として使われなければ割とどうでも良い気がします。
知らないで略のつもりで使ってる人もいますしね。
スポンサーサイト