Memosphere

HPのことや、日々のことなど

見つかった! ドラマCD発見しましたよー!
あーびっくりした…焦った…良かったv

EXODUSの3巻発売してますね…。 切実な懐事情から見送ったですが、
出張ラジオCDの内容が気になってます!
誰か、私に教えてください…っと言って、
教えてもらった事がないここ辺境…仕方ない…(´・ω・`)


とりあえずファフナー関連の話でも呟いておこう。 一人語り…(苦笑)
真面目な話はね、うん…大体語り尽くしたから…。

ファフナーの映画。 一騎と総士の楽園でのシーンは初見は???だったけど、自分の指示で戦地に同化現象の負荷が酷い親友を送り込む心境を考えると、あのシーンの二人のやりとりは不思議ではなくなった。
何であのシーンが!?ってなるのかって言ったら、当人達が淡々としてるからなんだと思う。
片割れがそこ居ない状態だから、ああいう表現になるのかもしれないけど、
淡々といえる、やれるくらいの絆があの時点で存在してるって事でもあるんだろうなっと思ってる。
って、前にも語ったかも知れない。 でも定期的にさ迷ってると見つけるんだよね、あのシーンに驚いたっていう感想。 そして思い返してしまう。

監督のツイート(コーヒー云々)見て、あの2巻の公蔵の説明が微妙なんですが。
いや、総士は父親とやっぱり絆あるよね…ってなるので。 少なくとも総士は父に対して、ね…。
1期、左右見てると、何だかんだで親子なんだなあ、思ったより息子に甘い?って感じだけど、
EXODUSの2巻では大切なのは鞘(妻)だけみたいな事書かれててるから、実は親子としての情はあまりなかったのかな?ってなる。
乙姫の居る岩戸で寝ちゃった総士(幼)を公蔵が迎えに行ったり(蔵前はその様子を物陰から見ていたらしい)してたけど、あれは親子としてどうのっというより公蔵が元々情の深い人だからってだけなのかと…。
……あ、でもそういうあり方の親子か…?(自己完結しました)

一騎ブレンドで皆が連想する総士のコーヒー好き設定(笑)

あと、一騎と総士はバラけても交わる角度はだいたい90度という監督のこだわり…。
EDとか、9話のザインとニヒト…あれって角度のこだわりだったんだ!?
市街地避けてるのかと思ったよニヒト…(その可能性が無くなった訳ではないけど)
とりあえずあの動くだけでも出てるっぽいワームスフィアは制御できてるって思ってみて良いんだ…。
テクニカルだから無駄球放ってないのね? 敵の数に比べると逃げ場などない!っというくらいワームスフィアが発生してるけど…。

何か変性意識の話題をちらほら見かけたけど、変性意識って、エメリーが言うところの『心の壁』だと思ってたんですけど、違うんですかね?
保ち方、守り方、術=変性意識(攻撃特化系の意識)みたいな風に思ってたんですけど…。
心の海が変性意識と被るけど、総士曰く変性意識は当人の本性ではないって言ってるし、
総士の変性意識の獰猛な支配欲(ニヒト限定かも知れないけど)って、1期の総士(序盤と没ポエム)の厳しい態度と被るから、どれだけ守りたいって意識が強いの…って、なったんだけど…。

しかし今の総士の海にガラスの塔はあるのかな?
(それにしても何でガラスだったんだろう、ただの塔より見渡せる印象だけども、…脆い=儚い? なんか美しさを連想させる形容詞がちりばめられているような?ってなる…)
出入り自由になってたり、むしろガラス塔で海ごと囲ってるとかに変化してたりする?
もしガラスの塔が砕けたら、その破片は溶けて生命溢れる芹ちゃんの海みたいな生き物に変化したりしないだろうか?っと勝手に思ってみる。
いや、一騎が一瞬、芹ちゃんの海で乙姫を連想するような海らしいから、兄妹で似てたら良いなと勝手に…。
多分、無いですね!

広登もあまり変性意識の影響受けなくなったって事は、
心の海は、昔みたいに波に守られていたい(海の中)のではないんだろうなあ。
(一騎の今の変性意識について考えてみたけど、まとまり悪すぎたので後日覚えてたら…)

一騎のことを何故か天然ドSだと思ってる自分がいます。
なんでだろう?って考えてみて分かりました。
真矢やカノンに対する一騎の態度が天然ドSだと思ってしまうみたいです。
優しさは時に残酷だったり、カノンの挙動に対しての反応とか、剣司にあんまいじんなって言われたアレ。
一騎って基本的に投げっぱなしというか、フラグ作るのに、受けとらないよね…ってなる。
一騎が理解したがりっていうのもほぼ総士限定ですかね?
真矢には理解してくれるって感じだった気がするし…その他の周囲に対しても別に理解しがたりっという感じではない気がする?

総士は天然不器用だと思ってる。 1期の頃は不器用さとか諸々拗らせて冷徹というか冷酷みたいなところあったけど。
この不器用な人にフォローされる一騎って…。
スポンサーサイト