Memosphere

HPのことや、日々のことなど

体調不良気味ですわ…。 薬飲んだせいなのか、夕飯食べたせいか眠気が…。

何で痴漢冤罪の話をしているのに、痴漢した前提の話になったり、痴漢された方の気持ちを蔑ろにされている、被害者女性が叩かれているっという話になってしまうのでしょうね…。
被害者女性が叩かれているという受け取り方は筋違いだと思うのですが…。
イコールの話ではないと思うんですよね…。
ましてや冤罪をかけられた人は被害者(二次被害)で、実際に被害にあった女性を傷つけた存在ではない訳で…。
(しかも実際、痴漢をした犯人だけが何も問われていない…まあ、実際捕まったら罰っせられるからこの問題では蚊帳の外なのかも知れないんだけど…)
泣き寝入りを受け入れろっていう話でもないのに…。
っていうのを度々見かける次第です。

女性の正当な反撃を支配欲から被害者ぶって女性を押し込めようとする男性という図に持っていくの(+よくあるパターンとしては日本が遅れている、という文言つきかな?)、何故なのか…。
女性専用車両に文句やいやみを言う人っていうのは居なくはないのですが(まあ、平等の観点からすればあれは差別でしょうけどね…差があって別になる事自体が問題なのかという話ですが)、あれは正直、やってもいないのに犯罪者予備軍(もしくは犯罪者)扱いされた事に対しての皮肉っぽい印象があるかなあ…(実際、突撃する人は意味分からないけど…)
見かけた範囲では、ですけど…。
なんか痴漢する人と、そうではない人の心情を同一のものとしてみなして結論から入ってるような…? 

疑わしきを罰すれば痴漢がなくなるんですかね? 同性による犯行もありそうだけども…。
男女で車両分けても、混雑していれば起こる可能性はありますよね。
結局、車両を増やすなり、設備投資するのが痴漢対策への解決策になりそうな…? 
設備投資がなあ…、中々現状難しいんでしょうか?
なんかあれだけ乗客がいても、駅を改修しても採算取れないんですかね?
そもそも都市部に人が集中し過ぎ問題がある訳ですが…。

スポンサーサイト