Memosphere

HPのことや、日々のことなど

絵の話題ではありません。
最近、マイノリティ?というのに触れる機会があったので、
色々と疑問に…。 表層触れただけみたいなものだし、最終的な結論として書き出したみた訳でもないのですが…。


少数=弱者という図式にたまに違和感を感じます。
大勢=強者という図式にもたまに違和感を感じます。

多勢に無勢、少数精鋭というのもありますから、
必ずしもという強い否定の感情を持っている訳ではありませんが。

大勢の意見=常識的なもの(模範?)=普通=平均。
いわば、落としどころ、妥協ではないかっと思います。

選挙でいえば、己と全てが同意見の候補者はそういないかと思います。
だから消去法で一番妥当だと思う候補者へ票を入れる。
そうして多くの票を得た候補者が当選する。

不満などが何もない訳ではない、妥協だとすると、
決してそれは強者の意見の集まりではないと思います。
何より、大勢には少数の意見も入っている。

落としどころや妥協だとするならば、
それに納得できないのが少数…だったりすることもあるのかなあ?っと。

我を通すことは、信念を通すことでもあるならば、別に悪い事でもないと思います。
でも権利の主張は…時々違和感。
自由は権利、みたいなのとか…。
自由は責任、では?っと思う時があるので…。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/1763-af7bf1d7