Memosphere

HPのことや、日々のことなど

同性愛について、先日母がテレビで何かの番組を見たらしいです。
因みに母は、個人の自由では?くらいの認識で、特に何とも思っていないようです。
他人事として捉えているっといえばそれまで、でしょうが、
大抵そういうものだと思います。 同性愛に限らず。 悪いことでも排他的に捉えてる訳でもない。
理解することが寛容という訳でもないと思います。
理解しなければ差別をしている、ということでもないと思います。
異性同士だって理解出来ないことありますけど、基本的には自由だよねって済ませちゃうこともあるのですから。

私はといえば、母よりは少し身近に考えることもあるかな?って、思います。
私自身がそうという訳ではありませんが、同性愛というか…男になりたいとか女になりたいとか、そういう人の話を度々耳にする(最近は目にする感じですが)ので。
ただ、かなり理解ある人(多分)の話の中には、個人的に理解し難いものがあります。
理解し難いというだけで、批判とかそういうのをしたいとか思うわけでもないのですが…難しい。
以下はちょっと突っ込んだ話になるかも知れないので、興味のある方のみ、続きからどうぞ。

最初に(最後に書きましたが…)
悩みつつ書いたのですが、そのせいで例や書き方がぐたぐたになったというか言葉足らずというか認識不足というか、見づらい上に、極端な言い回しで何か誤解させてしまうような書き方になっているかもしれなくて、すみません。
見当違いなことをいってるとか、勘違いしている部分も否めないかもしれません…。
そして、同性愛っという場合の全てのおいて、そう思っているとかではない、つもりです。


そもそも同性愛というのは、病気、なのでしょうか?
私にはあまり知識はないので、詳しく分からないし、正しく判断出来る訳でもありませんが、
よく聞く話では、当事者、あるいは理解者(多分)によると
『病気ではない』っという見解(最近、先天的な脳の問題ではないかという説が有力?のようですが)
病気ではないっということは、同性愛は個人的な『趣向』ということでしょうか?
もし『趣向』であるなら、もっと寛容に、理解を~とか、差別がーっという、理解者(あるいは当事者?)の意見は、個人的には微妙です。

個人的には同性愛は、己と年齢差が10歳(年上、あるいは年下)以上でないと恋愛対象ではないっと言う方と同じくらい変わっているように感じます。
年齢差自体は相手が未成年でないかぎり問題ないですが、そうした条件でないと、というのはやはり特殊に感じます。
それを理解してくれないのは差別だ、という風に言われたとしたら、個人の自由(趣向)だと思う、というくらいで、個人的には年齢の問題なのか?っと疑問に思ってしまうようなっという感じで理解までには至らないと思うんですよね。
そういうような意味で、同性愛というのは異性愛に比べると特殊なものという感じが強いですね…。
良し悪しではなく。

差別がーといのも時々分かりません。全部分からないとかではなく。
病気ではなく、趣向なのだとしたら、同性愛であること理由に、
他人の態度が異性愛の場合と異なるっというのは差別ではないと思います。
周囲にいないタイプだから、距離感が分からなくて挙動不審になってしまう人や、
妙に気遣ったりしてしまったり、同情的な人、毛嫌いする人、色々ですが、
毛嫌いする人が差別的というのは少しどうなのかな?って思います。
誰しも趣向は違います。 
たとえば…私の場合、お酒やタバコは嫌いで、飲む人吸う人が嫌いというよりは、お酒やタバコが周囲や当人に及ぼす影響が嫌いな方で、でも他人の迷惑を考えず、どこでもタバコを吸う人や、お宅訪問の営業者が車でタバコを吸ってから家を訪問してくる場合なんかは…やはり好ましくないので、遠巻きにしたくもなりますし、あまり気持ちの良いものではないです…。
関係の無い暴言をはくような嫌いっぷりはどうかと思いますが、ただ毛嫌いされる、くらいなら特に差別っというほどでもないかなあっと思うのです。 …多分。
趣向というのもは、かならずしも万人に受け入れられなければいけないものではない筈です。
アニメなんかの痛車とか、芸能人のおっかけとか…理解してっと言われても個人的にはついていけないくらい熱狂的だなあって感じだし…って先ほどから例えがおかしいかもしれませんが、私の頭ではこんな感じというか、説明がいっぱいいっぱいなんです…。

不当な差別、というのは、同性愛であることを理由に会社で責任とらされたとか、周囲から無視された、というものでしょうか。 
中には同性愛が理由ではない、当人の性格や勤務態度、実務が問題だったりすることを何故か同性愛を理由にされたっと勘違いする場合もあるかも知れませんが。
でも社会制度における、結婚できない、保険が降りない、というのは不当な差別になるかというと、個人的には疑問におもう時もあります。
病気ではないなら、性転換やホルモン注射などによる女性、あるいは男性特有傾向の病気になった時、保険が降りないのは差別、というのは社会の制度の問題なのかと疑問に思います。(昔テレビで見たんだっけかな?)
性転換もホルモン注射をすることも、自分で選んだ、ことです。
戸籍と精神的な性が違うのは、身体の性にあったものを戸籍として登録した故でしょうが、それ自体は誤診されそうなった訳でも、親や大人が悪い訳でもないと思うのです。
病気ではなく、趣向である、という前提なら、ですが…うん、でも書いててどうなのかな?って思ったりもしますね…。割り切っていうほど、簡単なものでもないというか何というか…難しいです。

結婚に関しては、同性婚出来ないのは差別、というようなお話をきくこともありますが、
そもそも何故結婚という形にこだわるのか、そこが少し分かりません。
形は重いです。 紙切れ一枚だったとしても。 たかが紙切れ一枚、という訳でもなく。
結婚という形が、いわば世間一般から認められる形だと思うのかも知れませんが、
やはり、形にこだわっている、ように思うときがあります。
同性愛者であっても、異性と結婚する権利は持ってます。
自らそれを選ばないで、同性であることを選んだのに、人権が無い的な差別みたな風にされた場合があるかな?って思うのですが…。
異性愛の形は結婚っというのもが一般的だとしたなら、
同性愛の形は、結婚とは違う形でかまわないのではないか?っと…。
結婚しないと一般的(普通)として認められない、というのは固定概念にとらわれていると思うのと、
そもそも同性愛は一般的(普通)にならなければならないのか?っというのと、
普通であることがまるで特権のような考えにも感じるし、
自分が同性愛者であったなら、結婚しなければ認められない、誇れない、普通でないと見られているのが嫌(同性婚は人としての権利だと思う)、というのは微妙だなあって思います。
能力や人柄(この場合、博愛とかではなく人格者かな?)なら、同性愛であろうとそうではなかろうと、オタクだろうと信頼を周囲の人は認めてくれるというか、普通に接してくれると思います。 
接し方はそれぞれ違うだろうし、うーんこれは好意的にみた場合なのかな?って考えたりもしますけど…うーん否定的な人な人が多いんだろうか?

異性の結婚だって、離婚したり不仲だったり血縁とは絶縁状態だったり、周囲に認められた形かというと…普通(一般的)と括るには微妙なこともあると思うし…。
権利、云々かなあ?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/1865-982a5763