Memosphere

HPのことや、日々のことなど

なにやら田母神さんのツイートが女性軽視…蔑視、差別的だと炎上しているらしいですね。
私も読んでみましたけど、女性に対して差別的な意見だとは思いませんでした。
田母神さんに同意するっという意味ではなく、意見の一つだなあって感じです。
正直、蔑視だという感覚のほうが個人的には今一分からなかったです。

以下、長くなったので興味のある方は続きからどうぞ。

以前から違和感があったのですが、男性が社会を作ってる、担っている、牛耳っているっという感覚が強いのではないか?っと思うことがあります。
社会=男性=社会っという認識なのに、『女性が輝ける社会に』っというのに対し、
昔から女性は働いてないとでも言うのか!っという反感を持つ…。
女性だって昔から働いてるし、社会の一員ですよね? そう思ってる、そう言いたい言ってるにも関らず、社会は男性優遇でー…っという認識に違和感を感じるというか…。

私にとっては、女性も社会の一員で働いてて、それが男性よりは家庭というものに比重が多いのではないかな?っという感じで、それ自体は比べるものでもないし、格差でもない気がするんです。
(構造上に無駄があってその弊害が出ているっという場合もあるかと思いますが)
家庭も会社と同じくらい大切なことで、比べること自体がどうかなって…。
会社で働くことは家庭より重いですか? 家庭は会社より軽いですか?ってなるんですよね…。
男尊女卑が日本の社会だっていうの見ますけど、本当にそうかな?って思います。

女性は男性の食い物にされてきたとか、言いなりにとか思想の押し付けで洗脳がーっとか…、とにかく女性を弱者するようなのを見ると、???ってなります。
その発想だと、男性は戦になったら命を落とすのも名誉だって洗脳されて酷い扱いを受けてきたのではないの?って思うわけです。
家の為だって、養子に出されたりしたりもしましたよね?
女性だけが酷い目にあってきたの?ってなるんですよね…。
学が無いと良い職にありつけないから勉強させてもらえるとか、でも勉強なんて大変ですよね?
やりたくなくてもやらされた男性だって居たのでは?って…。
性差別に関しては人となりの問題で、性の問題ではないのではないかな?っと思うことが結構あります。
それに日本は性云々よりも良くも悪くも年功序列の傾向が強いと思います。

昔のとある記述には、宴の席では男女一緒に和気藹々としていたっと書いてあるそうです。
年功序列があるだけで、男性も女性も一緒になって楽しんでいる、っと。
海外ではそれが珍しかった、そうです。
またカカア天下や、かみさん、女房と言った言葉がありますが、かみさんは神・上のことだそうです。
女房は高貴な女性の事です。
女性を敬った言い方ですね。 日本は昔から男尊女卑だっというのが常識のようですが、こうした文化をみてると、違和感があります。

男のくせに、女のくせにって言っちゃう時はあります。 でもそういう時って自分を誇示したかったり、相手に対して思いやりや誠意にかけた時かと思います。
性の問題ではなく、人となりの問題ではないのかと…。

比重が違うから、差別や平等ではないっと思う方もいるかも知れませんが、
私は男性と女性は比重が違っても対等だと思ってます。
平等も対等も英語にすればフェアで同じですが、意味は違いますよね…。
平等といって男性も女性も同じにするような感じで、対等っという感覚が薄れてきている気がします。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2036-8633f0b5