Memosphere

HPのことや、日々のことなど

蒼穹のファフナー EXODUS に出てくる新用語の名前を調べてみることに。
長いので隠します。
こういうの調べるの好きなんだよね…見返すと恥ずかしいばかりな気がするけど…。
【アショーカ】
アショーカで調べると出てくるアショーカ王。訳は無憂。
無憂って聞きなれないから昨日は適当に書いてしまいましたが、無憂で検索すると、
無憂樹とかが出てくるんですね。無憂花も。

【無憂樹 ムユウジュ、ムウジュ】
ムユウジュ(無憂樹・無憂華、無憂花、Saraca asoca、シノニムSaraca indica)、マメ科の常緑高木。インドなどに産する。葉は羽状複葉で、若葉は紅色。4枚の萼が花びら状をし、黄から橙・赤色に変わる。
摩耶夫人が藍毘尼園のこの樹下で釈迦を安産したところからの名。
別名に阿輸迦の木(アソカノキ、アショーカノキ)、阿輸迦樹(アショーカジュ)、英名はAsoka tree, Sorrowless tree。
仏教三大聖樹(仏教三霊樹)のひとつ。

【無憂花 ムユウゲ、ムウゲ】
悲しみがない意。 ムユウジュの花。インドの文学では瑞兆を表すのに用いられる。むうげ。

尚、仏教三大聖樹↓
無憂樹(マメ科):釈迦が生まれた所にあった木
印度菩提樹(クワ科)釈迦が悟りを開いた所にあった木
沙羅双樹(フタバガキ科):釈迦が亡くなった所にあった木

…出てくるのかな?
普通に調べただけでも結構詳しく出てくるので、興味のあるかたは是非!
っというか長くなりすぎて一々載せてられないというか自分が纏められない!っという(苦笑)

日本仏教=お釈迦様の誕生を見つめた聖樹、憂いの無い木(安産の木)
インド仏教=お釈迦様の誕生を見つめた聖樹、憂いの無い木(安産の木)
タイ仏教=仏教と関連なし、悲しみを増す木
ヒンドゥー教=シヴァ神の妃が好んだ木、乙女の願いを叶える木

とりあえずのポイント↓

・仏教の三大聖樹の一つ。
 この木の下で、釈迦が誕生した。

・橙色っぽい花を咲かせる。
・「憂い」の「無い」木。

・別名「阿輸迦の木(あそかのき、あしょかのき)」

調べてみて気になったところ↓

タイ仏教では、“ 悲哀の樹 ” 、或いは、“ 悲哀の花 ” として、一般のタイ人からは忌み嫌われている、らしい。

インドでは、ヒンドゥー教のシヴァ神の妃パールヴァティが此の木をとても好んだことから、
女性にとって “ 縁起の良い樹 ”、“ 恋する乙女の願いを叶える花 ”、
“ 乙女の誕生日を祝う花 ”、“ 結婚にまつわる幸せの樹 ” として、インド女性からとても敬愛されている、らしい。

・麻耶夫人【マーヤー】
 一般にこの人物の名前だとされているものの、近年の学説では、
母を意味するmātāの俗語形であって本名ではない、ともされている。

…真矢? 特に関係無いかも知れないけど。


【海神 ワダツミ】
…ワダツミって大和言葉…。
中国から漢字が入ってくる前からあったものですが…何故こちらの読みにしたのかな?

・綿津見。
・「ワタ」は海の古語、「ツ」は「の」、「ミ」は神霊の意であるので、「ワタツミ」は「海の神霊」という意味。

回覧板によると『願いを叶えるための島』。
…さっぱり分からない!


【ボレアリオス】
えーっと改めて調べるとギリシャ神話由来?
操の居た船ですね。 操のミールが居た場所。
回覧板では『新しく生まれるための場所』
劇場版で操がミールに一緒に生まれようって新しく生まれた場所。

ブリアレオスのこと?
ヘレネス(ギリシャ)神話のヘカトンケイレス(単数形:ヘカトンケイル)の一人。
名前は「強者」の意。ウラノスとガイアの子で、100本の腕と500の首をもった巨人。

女神と二人でエーゲ海の海底を支配しているという。海の支配者。
人間からはアイガイオーンともよばれる。

海神ポセイドンの娘と結婚した……ええっと、うん?

オーケアノス?

ギリシア神話の世界観では、世界は円盤状になっており、大陸の周りを海が取り囲み、
海流=オーケアノスがぐるぐると回っているとされた。
それ故、神話においてオーケアノスの領域という言葉は、しばしば「地の果て」という意味で用いられる。
また、地上の全ての河川や泉の水は、オーケアノスの水が分かれて地下を通り、地上に現れると考えられていた。


【プレトリア】
プレトリア(英語: Pretoria)は、南アフリカ共和国ハウテン州北西部のツワネ市都市圏にある地区。
同国の首都。
プレトリウスにちなんだ名前。

…個人的には名前そのものの由来より、
トリア、これが気になる。
…三? ラテン語だとトリア、トレースとか言うみたいだし。
回覧板の紹介では『支配をもたらす場所』

美三香ちゃんといい、これまで調べたものを見ると『三』に意味がありそうな…?
新後輩組は三人だし、一騎、総士、真矢…三人で結構紹介れているし…EDクレジットとかで総士だけ一人一番上だけども。
三人の関係が決着というか変わるというか、これまでとこれからが気になるところ。
三角関係というか、三者三様とか、三つ巴とか、なんか色々気になる数字。

気になったので更に『3』を調べる。

3相を持つ神々と関連し、聖なる数とされる。
人間の誕生・生・死や過去・現在・未来、月の三相(新月・半月・満月)を象徴する。
多数、創造力、全体、成就をあらわす。
三という漢字には「しばしば、たびたび」という意味もある。

三…天界と地界、人界(真ん中の短いの)を示す。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2113-fba582dd