Memosphere

HPのことや、日々のことなど

ネットの海を漂って、ファフナーの考察系を色々見て…
なるほどーこんな解釈も!…と同時に、もはやあまりの可能性の多さに沈黙するしかない!って感じです。
あと自分の考察恥ずかしいっ//////ってなったり…。
なんか自分が思ったより、かつて殺伐としたシーンであった事を、穏やかなシーンで回収するみたいな…(意味不明になってるよ)
ついでに、え? まだそこなのかも!?っていうような関係性(単に普遍の関係性なだけかも知れないけど)だったり…。

とりあえず長くなった考察(?)を続きで…。
監督のツイートで蛾に意味があるようですね…。
あの蛾も気になったけど…アニメの背景なのに随分生々しい演出だなあって…。

あれが種名にギリシア神話のアルテミスが使われている蛾かも…っというような考察を拝見して、
…アルテミス=狩猟・貞潔の女神=真矢=同胞殺しと紛争調停者…っと考えると、なんかジョナサンの生死が気になるところ…。
真矢とジョナサンの会話で、蛾でしょ? …うーん…。

あとOPでキャラとかカメラの向きに意味があるのかなーっと漠然と見返したり放置してたら(単BGM代わりなだけ)、ふと歌詞の部分と映像の切り替わりが気になった次第です。
なんか歌詞が、一騎とか総士とか色々混ざってる?って…。

傷を負った=総士
世界を知った=一騎
強く=一騎
儚い果実=総士
付きまとう責任の重さで=一騎
熟れ落ちて=木の前に手をついて立つ総士
土=木(総士の右手)
へと還る=総士

…っとこの辺り割とこれまでの二人からこれからの二人を言ってるっぽいかなって。
これからの二人だと思った理由は、

付きまとう責任の重さで=一騎=世界の戦士の象徴へ…って事から。

…一期や映画ではないと思う…。
だとすると

『熟れ落ちて土へと還る』
の意味が…木が映ったので、かつては傷つけられた事で自己を確立したようだけど、
今度は自らフェストゥム化でもするんですかね?
土=フェストゥムだとして。木でアショーカ思い出したけど…。

っと考えてニヒトに乗る理由は、ニヒトを葬る為だったりして…特攻しそう?
まあ、言うだけ言って外れますね、多分!
…いずれにしても死にそうだけど。 
今度は心中しそうな気がするけど…(でも島は残るみたいな…)

総士がニヒトに乗るっということは、周囲の反応が気になる。
保さんをはじめ、多くの人を奪った原因の機体だから…。
でも当の被害者が乗るからなあ…。
総士=ニヒト(イドゥン)に拉致される、同化され最終的に肉体失くす…(一期)
……よく乗るなあ…。
ところで乗るとやっぱり憎しみに支配されるのでしょうか?
映画は少ししか乗ってなかったから影響受けないのかな?
っというか総士ってそもそも変性意識どうなの?

とりあえずシナジェティックコードの黄金率は総士のコードではないだろうか?っと昔から思っているのですが…今回判明するかな?(ドキドキ)
でもその前に映画後輩組のコードはどうなのか…。

あ。 一騎と総士だけ言いましたけど、歌詞と切り替わるタイミングを考えると、それぞれのキャラを指しているっぽいかなあっと…。
新後輩組のところとか…あー…呆気ってあたりが特に不穏。
切り替わりに混じってくるようなアザゼル型とか…不穏。
一番分からないのは…喰らい尽くすのってあたりでおじさん三人ってところです!
因みに向きも色々確かめてみたという暇人っぷりです。
でも何の意味が分からないので、勝手に戦々恐々とした結果になっただけという!
まだ3話でまだ上り坂らしいのに…(苦笑)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2128-169ce049