Memosphere

HPのことや、日々のことなど

ファフナーのブルーレイ届きました。

ゴウバイン………うん? ええっと…そのままゴウバイン。
冊子というからもっと太いかと思ったけど、まあいつものケースに入るくらいには…薄いです。
キャラクターの紹介に美三香がいない! パッケージは三人なのに、やはり紹介が1ページづつだからなあ…。
ブックレットというか、表紙が1ページ、裏表紙1ページで、紹介ページが2ページだからなあ…。
とりあえず彗君のほうが先に紹介ページが…。

ドラマCDですか? …やっと聴けましたが、聴き終わった最初の感想は、
ヤバイ、でした(本当にそう口走った)
ギャグではなくシリアスというか、本編に入ってたら印象変わるわ…というか…。
ちょっと、待って…整理できないっとか思ったり…。
あ。 因みに一騎達は出てきません。
あと黒電話みたいな怖さはありませんでした!(ポイント)

以下は内容に踏み込みますのでご注意を。

彗君と零央君の変性意識!
彗君はゲームのように敵を追い込み状況を支配云々…あー…成る程。 ゲームのようにってあたりが総士と比べると…。
零央君は弱点見抜いてためらいなく冷酷に云々…うん、一騎より冷静ぽかったけど、冷酷的で心配になった本編。
なんというかあの世界観でいくと、二人とも若いなというか子供なんだなって分かるというか…先輩達が通ってきた道というか…。

弓子さんの指輪は結婚指輪と判明。 零央君のお父さんは金属加工のスペシャリストで、なるほど。

で肝心のドラマCD。
弓子さん、美羽ちゃん、エメリー、そして道生さんが中心のお話でした!
弓子さんの状態が思いっきり判明しましたけど、道生さんとかさあ…まさか過ぎて…。
島のミールが…!
エメリーの印象も変わりました。 良い意味で。 二人は友達。
ただ本編がミスリードを狙っているところもあるだろうし、どうなんだろうなあ…。
美羽ちゃん、凄い頑固(苦笑) 弓子さんの葛藤とか島との関りとか…これまでと違った印象になってきた感じ。
(弓子さんの場合、1期で尾を引いてるところがあるんですよね…未公開シナリオ読めれば印象がまた変わる気がするけど。
 あと映画の草案だったかプロットと実際の映画でも印象違うので、このドラマCD聴けて良かった)
遠見家のやりとりが意外にかわいかったなあ…。 開幕一番、シリアス場面なのに真矢の声がかわいいっとか思った次第です(内容と関係ない!)
美羽が成長を早めて何をしようとしてたのか、それを防ぐのに弓子さんとエメリーが頑張っていたり、道生さんまで出てきて最初はえ?ってなったけど、そう島のミール…っていう…。
弓子さんの状態は一部が保たれている状態なんですねえ…で、そのうち…覚悟しておいても辛いけど、美羽ちゃんなら大丈夫な気がした…。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2270-a06bbe8e