Memosphere

HPのことや、日々のことなど

ファフナーは関係ないんですけど、
蒼穹というと、晴れ渡る空の色という事から何となく、強い青色系か、言葉の感じから、遥かな青(薄いというかくすんだというか…)的な印象なのですけど、蒼という漢字からすると、実は青緑系の色なんですよね…。
なので、蒼い目がーっとか文章で書かれると、青いのか、緑っぽいのか、と悩みます。
碧眼だと一応、青目のことらしいですけど。

で、何をそんなに蒼で考えているのかというと、某昔の漫画とそのアニメの某キャラの目の色が気になる訳です。
初期の頃の漫画の絵は大体青目で描かれているのに、回を重ねるごとに目の色が緑色で描かれるようになって、最終的にはカラーの絵を見るかぎり主に緑目で落ち着いたみたいで…終盤でも緑目で青色で塗られる事がなくなってて、久しぶりにアニメ画像を見た時に、青目で驚いたんですよね。
青かったっけ?っと…。 原作とアニメで目の色が違う設定はなかったので、あれー?っと。
気になったので、原作読み返してみたら中盤あたりで、蒼い目と紹介されてて…アニメでも青だしやはり青なのかっと思ったけど、調べたら漢字の意味的には青緑で…どっちなんですかー!?っとなったという…。
別に二次創作をやるわけでもないので気にしなければ良いのですが、結局どういう事だったろう?っと…。

あと微妙に気なるのは皇女って紹介されているのに、王家って書かれれたのとか、血の繋がった王子がいるなら女性の方は姫ではなく王女ではないのは何故なんだろう?っというのが気になったり。
皇女でも王家というのですかね? 歴史とか呼び方とかよく知らないので、混乱してくるんですよね。
大人向けの作品という訳ではなかったし、この辺はニュアンスで解釈!って事なのかなあ?っと思ったり。
ニュアンスで解釈はありえそう。 設定をがちがちに固めてしまうと想像(妄想とも?)の余地が限られちゃうし…。
個人的には設定固まってるのの考察も好きですけどv
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2271-1803868b