Memosphere

HPのことや、日々のことなど

やたら長い初見の感想は昨日の日記にあります。
ニコ生どうしよう…有料かあ…有料ってプレミアムでないと見れないです?
いや、単にポイント購入云々?
動画サイトに詳しくないのでとりあえず詳しく説明見てきます。
K…そういえばうっかり書きそこねましたけど、あんなロボ今まで居ましたっけ?

ファフナーも二度目見ました~。

今回はなかったけど、総士のデスポエム(モノローグ)って、過ぎてみると見事に要約されている感がある…。

挿入歌が、カノンらしすぎて、カノンに関しては挿入歌が感想そのもの的な…(自分の語彙が豊富でもないので…) というかいつもながら歌も凄い…。
この歌、弦楽器でパッヘルベル(カノン)を弾いてるそうなのですが…カノンは人類軍に入った時に名前の綴りを間違えられて以後、カノン(砲)として生きてきた…っという設定でしたっけ?(1期)けど、本来のカノンとして生きた(いなくなった)んだな…っというか…。

あ。 一騎の手を差し伸べる構図で既視感あるような気がしたら、ヒロイック・エイジか…。
シーンそのものに既視感があるのではなく…。
結果は違いますしね。

三間さん(音響)のツイート…アザゼルAシーウォーカー(親玉)って…
あのアザゼル型、シーウォーカーっていうの…。

ニーベルングの痕が手のひらの中になってるらしいですね。
思わず画面見ながら自分の手を思い浮かべて…
あー!!! …確かに…あれ手のひらに痕があるような(汗)ってなった。
これブルーレイやDVDになった時には直ってるんでしょうか?

能戸監督のEXODUSが始まる前の…11月頃(昨年だったっけ?)のツイートが頭から離れないんですよね。
このツイートを前提にEXODUSを見ているのですが…。
真矢の誕生日の時のとその前のやつ。
今回のカノンの件といい、歌にある、生きた証だ、とか思うと、ね…。

島の人達の、こういう生き様を色々要約して美しいと形容したとして、それが最善かは分からないなあっとは心の片隅では思ってる。 好き嫌いや美しくないか美しくないかとかではなく。
現実…ドキュメンタリーとかだと、こういう生き様とか描き方とかって現実だと美化とか賛美するな的な話になったりするの読んだことあるんですけど、個人的には、美化とか賛美とかではなくて、美しいと思える、感じられるものが確かにあった(そしてそれが全てでない…から美しいと感じるのかな?)、という話なのではって感じかなあ。
使命とかに殉じるから美しいのではなく、葛藤とか自分に出来る事や最善を尽くそうをするが故にあがく様とかが美しいというか…(でもカノンに生きてて欲しかったですよね)
生きて幸せになって欲しいと思える相手が託してくれたものを自分もまた繋いでいこう、託していこうっというのが、美しく見えるのかなというか…生き様に美しいと感じることが美化や賛美とはどうかな、っと。
…まあ、大なり小なり美化とかはあるかも知れないけど、=同調の強要でもないだろうし、同じことが出来る、しなければならないという事とは限らないだろうし、それらが最善かどうかとはまた違うし、一概に美化や賛美が問題という事ではないかなっと…脱線、失礼致しました(ファフナー関係ない…!/汗)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2400-4073f9b9