Memosphere

HPのことや、日々のことなど

昨日の日記とかちまちま加筆修正…多分もうしない。
以下は後で加筆修正(あるいは削除)するかも知れないと思いつつ、投下。

追記しました(18話とかOPの事とか)。 適当に書いてるだけなので、はい…。
EXO~の一騎がよく分からないって言いましたが、
何となくこんな感じかなと想像(妄想)↓

1期(無印)では一騎の『理解したがり』が総士に向いていたのが、
2期(EXO~)ではフェストゥムに向いているせいで、分かりづらくなっているのかなっと。
(プラス余命、命の使い方で心配度が上がるという・・・)

総士は視聴者から見ても複雑な背景と責任を背負った不器用こじらせキャラというのが、
中盤くらいになれば分かるし、人間(一応)なので地に足がついてるというか、一騎が2期ほどふらふらしているように感じる要素が少ないと思うんです。
総士の立ち居地的にも未知の領域ではないし。

でも2期では、絶対的な肯定を経た総士から、理解の対象はフェストゥム(未知の敵)へと移ったことで、視聴者からすると、危うく見えるのではないかっと…。
カノンとの会話からすると、理解したがりというのはブレていなさそうかなって。
命の使い道、変性意識の万能感あたりが不安要素ではありますが。

総士を理解する事は、島を守る事と直結してた(総士が守りたいと思っていたし、一騎もそうでしょうし)けれど、敵であるフェストゥムは島を守るという動機を持ち合わせていない相手なので、フェストゥムを理解する為に、彼らに近づこうとする一騎は、視聴者や周囲から見れば危うく見える、総士が彼等(フェストゥム)を理解するには彼等自身に触れるしかないっと言っていたので、一騎はそのうちダイナミック家出ならぬ、フェストゥムの世界にダイナミック訪問(同化?)みたいな事しそう、かなっと。

一騎って理解する為の行動とかが一途というか一直線ですよね…(真矢もかな? 真っ直ぐ…)
で、総士は絶対的肯定なので、一騎を本気(本当?)では止められないというか。
行くなら自分も行くか、行くなら道は繋ぐ(1期26話で無にのまれた時の逆verを想像しつつ)から行ってこい(フェストゥムと人の架け橋?)、帰るべき地平線は遠見だぞ、的な感じ…なのかなと想像(妄想)

ここまで想像(妄想)して、2期の真矢(撃つ前?)の一騎に対する心境は、
1期でいうところの総士に対する一騎の心境に近いのかなあっと。
勿論、心境的な細部は違うし、どちらかというと一騎と真矢は対比してる気がする。
一騎のダイナミック家出(=ザイン)は一騎自身の命かかってて、
真矢は他者の命が奪う(同胞殺し)という…。

…あくまで読み返…さなくても恥ずかしくなるような妄想です!
っと書いててなら書くなよっと一人ツッコミ。 ちょっとはきだしておきたかったんです…。
次回で互い向きあいそうかなあ?(関係性が進展するかは別として) 次回予告のタイトル的にも…。

…でも一騎も総士も最終的に竜宮島に還る(ゴルディアス結晶、記憶される)感がしない気が。 合流一時帰宅はあっても。
他のメンバーは島に還れそうな気がしてるけど。
永遠の戦士だとか、永遠の棘とか…戦士はとにかく、棘って1期(無印)でいうところの傷(=存在?)とどう違うのかな?
祝福=痛み(=存在かと思ったけど、北極のミールは死と共にフェストゥムに存在(個)を与えた…だっけ?)、
ニヒト=否定、無…でもニヒトは無に還るの拒否。 
…大体この辺りが何となくいつもひっかかってる。
揃って新らしい島に還る、とかだし…。
竜宮島に記憶されないから、あのデスポエム(モノローグ)なのかなあ?

あれ? 一騎、よく見たら撃たれたっと思われた時、前方(工作員)を睨んでます?
凝視しているというよりは睨んでる、ような?(それから撃たれた工作員を驚きの顔で見たあと上を向く)
身を庇う仕草をしてたので、てっきり目を瞑ったかと思ったけど…。

ところで一騎にとって髪=自分の命、だけど総士はそれを切ってあげた(一騎の意思の肯定?)訳ですが…、総士自身は切りそうにもないし、一騎とは別の理由で伸ばしてるのかな?
…総士が髪を切らない理由、伸ばしてる理由って何なんですかね?
性格的にファッションとして髪を伸ばすようなキャラだろうか?っというのが長年の謎です…。

18話、個人的に気になるのは、一騎が身を守る仕草をした事、総士が庇った事、袋小路で隠れている事、かな?
一騎は対フェストゥム相手ばかりしてたから、ああいう時に咄嗟に動けなかったというのが一番妥当ですかね?
そもそもあの袋小路では避けようとするのは無理あるかなあ。
運よく一発は避けれてもぶつかってまた撃たれますよね…。
そういう意味でも総士が一騎を突き飛ばすのではなく庇ったのは、妥当ですかね?
で、一番分からないのは何故あの場所で隠れていたのかという事。
野営だから隠れる場所に限りがあるのは分かりますけど、
ファフナーの中が一番安全だったのではないかなあっと…。
別に接続しなくとも待機出来るし。
ザルヴァートルモデルに迂闊に近づく工作員でもないと思うんだけどな…(特にニヒトは危険そう)
接続無しで入ってるだけで危険な機体なのかな?
静かに入れなくてバレるからとか?(元々静かに入る必要性が無さそうだしなあ…)

OP、一騎と総士と真矢の目を開けるラストあたりのシーンがありますよね。
あれ、光の入り方(影)が違うらしいので、確認してきたのですが、
一騎と真矢は同じ向きですが、総士は違いますね。 二人とは逆ほうに影が出来てる。
で、この画像自体はイグジスト(前OP)と一緒みたいですよね…キャラは。 背景は違うけど。
その時からこの影の付け方で、イグジストとの時との違いは背景とカノンがいるかいないか。
カノンは総士と同じ向きなんですよね…退場フラグ?って最初、思っちゃいました。
あとは一騎と総士、真矢とカノンの対比か、そういうのと別に演出の都合でそうなったのか…。
退場フラグもしくは違う場所にいるフラグならば、一騎が生き残って真矢もいるっというのは既に1期(無印)でやったので、どうなんでしょうね?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2408-c2e2a9da