Memosphere

HPのことや、日々のことなど

昔から実写が苦手で、ドラマは勿論、舞台とかも苦手だと再認識。
なんか見てて、照れるというか、ひゃー………ってなるというか、直視し辛いものがあるというか…。
舞台だと声の張り方?も違うからか更に苦手。
アニメでも…あー最近だとKの室長と伏見のやりとりとか、ファフナーだと総士のテクニカルな気遣いあたりが個人的に苦手な描写だったり、実写に限らず苦手な描写というのはあるのですが、実写だと更に苦手度が増す感じです。
生身の人間な分、感情移入しやすいのが苦手なのかなあ?
洋画がある程度見れるのはおそらく言葉の壁…。

で、そんな実写苦手な私がファフナーの舞台版と音楽劇を鑑賞しようとしたのですよ。
購入したまま見損ねてた舞台版。 舞台版とごっちゃになって購入し損ねてた音楽劇のほうも購入したので、22話の前にあいた時間で見ようとっ!!
が、どちらも開始間もなく撃沈しました…。

…どうしたら実写系を…集中(というのか?)して見れますかね?
なんというかこう、もう映像見ないで倍速で聞くほうが良いのではないかっという感じで…。
役者さんが一生懸命演じていらしているのに、見ているこちらがこの有様で申し訳ない…。
自分の実写苦手っぷりが半端なくて、へこむ…。
実写はどういう心構えで見るべきものなのでしょうか?

刑事ドラマ系…というか推理物なら見れるほうなんだけどなあ…。
感動系は泣きたくない、辛いので基本見ない。
医療系…血とか無理…手術シーン苦手。 自分の怪我とかだと、血だ…で終了するけど。
怪談系…学校の怪談くらいなら見たことある。 怖いというより驚く。 基本的に呪われそうなのは嫌。
ファンタジー…色々気になって無理…。 映画ならCGを駆使した最近のなら見れる場合も…洋画しか見たことないけど。

昔から実写を見ないですごしてきたのがなあ…。
ドラマとか見ないし…舞台は今回のDVDが初です…。

ところで舞台と音楽劇は情報を知るの遅くてパンフを持っていないのですが、どんな感じだったのでしょう?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2433-4ec25186