Memosphere

HPのことや、日々のことなど

イベントのチケット購入、大変そうですね…。
ライブなんちゃらというに行けそうではあったものの、ネット購入とかイベントには疎いので、今回もみおくったのですが…開始2秒?
凄すぎて、遠い世界だなあ…ってなった…。

ヘスター・ギャロップの名前の意味を今更ながら調べてみました。

ヘスター(Hester)(女性)、エステル(Esther)のラテン語形。 愛称はヘティー(Hetty)など。
聖書の中ではペルシャの女王の名。 ペルシアの愛の女神イシュタル(Istar)のヘブライ語形という説も。
聖書「エステル記」のエステルはユダヤ人で、もとの名前はHadassah。語意はmyrtleだったのをHadassahに相当するEstherというペルシャ名に改名した…とか何とか?
でもEstherはペルシャ語のstara語意はstarから派生したものらしい。 この点に関してmyrtle(ギンバイカ)が星型の花であるから矛盾しないとするいう説もある云々みたいに書かれてました。

gallop ギャロップ
馬術における全速力の指示。襲歩。 語源は古期フランス語からで、原義は『上手に走る』だそうな。

あとバートランドはゲルマン語で『輝く』を意味するberht、『カラス』を意味するhramnもしくは『盾』を意味するrandが組み合わされた男性名および姓だそうですね。
ミツヒロってどういう漢字書くんだろう?
真矢も昔はバートランドだったんですよね…。 

以下は相変わらずです。 24話前に適当書いておこうかと(笑)
23話というと、マーレゾンは何故表示されたの…っとシステム的な事が気になる。
事前情報ないのに機体名が表示されるって不思議。
ザルヴァートルモデルだと?っと言うなら分かるんだけど。

あとヘスターが居た場所はダーウィン基地であって、プレトリアは別にあるの…ってなった。

一騎達のキャッチコピー(?)とか、海神島とか、23話になっても出てこないので吃驚。
匂わせてはきてるけど、これらの言葉が出てきたのって回覧板の最初のほうだったから、てっきり中盤くらいにははっきりと出てくるものだと思ってました…。

ところで一騎の戦闘能力が高そうに見えない…(技術なら新後輩組のほうが高そうに見える)
攻撃手段が基本的にゴリ押しっぽいのと、説明の為なのか、性格(変性意識?)も含まれてそうですが、特攻気味というか、しょっちゅう腕がもげたりしてるので…。
割とザインの性能に頼った動きをしているように見えてしまうんですよね…。
そのザインの性能を引き出しているのが一騎なのに…。

そういえばフェストゥムを無に帰すっていうのはエスペラントもやってますよね。
あれはアショーカの力を引き出してやっているのかな?
でもアショーカは争う術を捨てた…だっけ?らしいのに、守ってくれたり、無に帰したり出来るの?ってなってる。
守ったりするのは争う術とは違うって事かな? 自由に動いたり自発的に攻撃出来なくなったって意味で、アショーカの力を攻撃?にも転用できるエスペラントって事なんですかね?
アショーカの主な能力って声を届けること、だったっけ?
とりあえずボレアリオスミール産の体(コアは島のミール因子入り?)の総士が生身で同化して無に帰してるみたいだから、ボレアリオスミールのコアになった操も出来るんですかね?
織姫ちゃんとか、どうなんだろう? 島のミールが日々学んでいるので、コアの能力も乙姫ちゃんより強くなっててもおかしくないですよね…。
島のミールが乙姫ちゃんを通じて学んだから美羽ちゃんみたいに強い影響力を発揮できる子が生まれ育った…ですよね?

ところで、スレイブ型とかの同化能力が無いっていう説明って、同化欲求が無いっという意味なんですかね?
アニメディアの説明読んでてふと引っかかったので。
HAEでニヒトに同化試みてたような? 同化能力がない訳ではないような?ってなった。


以下はこち留の続きを読んできた感想です。 冲方さんファンには厳しめかも知れません。

こち留の2回目と、あとこれまでの記事とかからの印象含めて思ったのですが…結論ありき文章みたいだなあっと…。
フィクションとしては分かるんだけど、現実や歴史と言った分野だと、違和感あるんですよね。
(と言っても私が知る程度より余程詳しい方だと思いますが)
こち留は、あくまで冲方さんはこう感じているんだなっと思って読んでます。
ところで、こち留めって何回目まであるのでしょうか?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2446-33af81d5