Memosphere

HPのことや、日々のことなど

…昨日の適当書きまくった脳内妄想文、あとになって相変わらず言葉足りないなあーっと自分でツッコミ入れたり、恥ずかしくなってきた…しばらくしたらその部分のほうだけ消すかも…。

年賀状、描き終わったのですが、印刷機の状態がよくないみたい…。
というかインクジェットはがきと相性悪いの? それともインクが悪いの?
普通紙だとそれなりなのに、インクジェットはがきだと印刷状態が微妙で、投函するのに悩むレベルに…。
元絵は届いたらアップする予定なのですが、うーん…。
微妙さを笑ってもらえれば幸いなのですが…。
どうしよう…。

以下は、ファフナーの話題(こちらも後で消すかも知れない)
海神島って、って北海道(の一部)を分割した感じなんです?

最終話前にこれだけは叶ってほしい!って思うこと↓
溝口さんの生存。 
ここまで来たらパイロット組とか、CDCの人達とか、一人も欠けることなく生存してほしいですけどね…。

総士が転生するなら…一騎は総士との4年間の疎遠を時間的には挽回出来なかったんですね。
和解後、約3ヶ月。 帰ってきてから3年近く? 4年には及ばなかったなあ…。
HAEからEXO~に至るまでで気持ちの面では挽回済みな気がするけど(1話の時点でもはや多くを語ることのない信頼関係築いてて驚いた3、6話)

最終話を前に気になっていること。
生まれ変わったニヒトに乗るのが総士の生まれ変わりなのか、全く別の存在なのか。
生まれ変わるのはとにかく、どこで生まれ変わるのかということ。
ニヒトごと生まれ変わったら…体…どうなるの?ってなってしまって…。
乙姫ちゃんは岩戸、操も岩戸っぽいところで生まれ変わったけど…胎児か赤子くらいから再出発なんですけど…。

とりあえずバーンズさんはヘスターほど強行的ではないので(支配欲はありそうだけど)、島に協力できそうな気がするけど、協力しようにも周りがパペットだらけなので、どなたか浄化できる方いらっしゃいませんかー?ってなりますよね…。
史彦が単に呼びかけるだけではどうしたものかと…。
浄化出来そうな二人は最前線で戦っているし…。
シャイニー☆するしか!?
ヘスター(新国連)側とは後日…続くってやつなんですかね?
アルタイルきてほぼ終了だろうからフェストゥムと人類の関係は課題残りまくりだろうなあ。

ところでこれ…尺的にはウォーカー、ロードランナー、アビエイター、クローラーは倒せた状態ですよね?
これで最終回に実はまだクローラー以外、残ってた…なんてことありませんように…。

新しいミール=アルタイル=アルタイルが根付く時、生まれ変わるのが一番しっくりくるんだけど、もしアルタイルだったら…今まで表に出てきたミールの中で一番強力っぽい気がする。
島のミール=瀬戸内海ミールが三分割されたうちの一つ。
アショーカ、ボレアリオス、アザゼル型=北極ミールの欠片。 とりあえず欠片は7個は出てきてるのか…。

一騎の言う、総士と同じ道というのは、総士が1期最後で無の世界へ行って、HAEで存在と無の調和を経て帰ってきたことだと思うのですが。
存在の在り方とか選んだ結果の能力は違うみたいだけど。
織姫ちゃんが生と死の循環を超えて=死を超越した?=永遠の戦士とどう違うの?ってなったけど、生と死の循環を超えて=存在と痛みを調和する存在になったということは、1期で敵の同化で肉体失って再生した総士と同じように生まれ変わった状態なら、余命3年を脱しただけ、なんですかね?
だとしたら今の一騎はHAE後の総士みたいに島のコアに近い身体ということかな? 
瀬戸内海ミール因子入りという訳ではなかったので、総士ほど島のコアに近い身体ではないかも知れないけど…。
一騎の同化現象の状況は現在EXODUSで初陣した際の総士ぐらいという事?
で総士はもうすぐ飽和しそうな状態なのかな?
とりあえず総士は生まれ変わるので…一騎はまた置いていかれる?
一騎と総士の祝福が二つで一つの力なら、祝福を果たし終えた時、またなにか可能性(調和)が訪れたりするのかなあ? ヒロイックエイジなら扉が開かれそうなものだけど…(祝福って果たし終えられるものなのかな?)

一騎が総士より早く無から戻ってこれたのは、総士(乙姫ちゃんとか)を含めた前例によってミールが学んだ、医療ポット?の中とか条件が良かったところが大きいですかね?
紅音さん同様、感知に長けてた+フェストゥム因子(ミール因子とは違うっぽい?)のおかげもあるだろうけど、何よりミールが当時よりたくさんのことを学んでいるっていうのが大きそうかなって。
紅音さんは全体に影響及ぼすのに10年ほどとかかって、乙姫ちゃんより学んだおかげで島のミールの学びが深くなったことで、美羽ちゃんが乙姫ちゃんより影響及ぼせるようになったみたいだし…。
鞘さんが同化された時にミールはバイオスフィアに変化したのかな?って考えているんですけど、どうなんですかね? 年表には書いてなかった気がする…。
    
総士は島のコアに近い状態って、一度居なくなる前の状態よりコア型成分増えたみたいな感じなんでしょうかね?
ところで総士の成長が早い設定って、そもそも島の子供達って皆成長早い設定ではありませんでしたっけ?
帰ってきた総士の成長が早いのは島のコアに近い=乙姫ちゃんみたいに寿命が…っていう設定になったのかと思った。 
岩戸に帰るか帰らないは別として、最後の同化現象までカウントダウン的な…別に老化が早いって意味とは少し違うと思ってたんですけど…。

甲洋にしても一騎にしても、どういう風になったのか割とスルーされている感じで気になって仕方ない!
データとかはとっていると思うんですけど、視聴者には感じるんだ!みたいな投げっぷりされている気がする。
凄く短い言葉で、大体こんな感じだと思えばOKみたいな…。
…それはそれで想像し甲斐があるかも知れないけど、作中で説明欲しい派です…。

しかしあれこれ考えてみたけど、喜安さんが、一騎がまだ父親に諌められるあたりが永遠~みたいなことを呟いていらしたので、一騎はやはり永遠の存在なんですかね?
単に性格的なことで、変わらないなあって感じ?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2459-54446238