Memosphere

HPのことや、日々のことなど

そういえば蒼穹のファフナーEXODUS、一挙放送とRoLが見れるんですねー。
…でもHAEやらないと、EXODUSを見た時、総士なんで居るの?ってなると思うんです。
そんな訳でリバイバル上映希望!!!

ニコ動で26話を見納めてきました。 見てて思ったのですが、1話1話の出来は良いけど、尺が足りてない感はありますよね。
当初、回覧板で出てきたいくつかの内容が謎状態で終わったし…。
特に人類軍というか新国連側が削られたんですかね?
欲を言うならあと数話分の尺が欲しかった…ってなる。

以下はちょっと前に1期を適当に見直してみた時の感想です。

そういえばマークザインというかザルヴァートルモデルってミールの器なのか…っと1期を見返して。
あのあたりの我々語、すっかり忘れてた…。
ミールの器…コア(操)やコア型みたいなものなんだろうけど、書き方次第で結構印象違うというか…。

蒼穹のファフナー 第20話「燈火~ともしび」....5:01で止めると咲良の眉が一瞬消える…本当だった!!

合宿見てて気づいたけど、一騎と真矢が一緒にタブレット?(二人だけで…)見てるのかなって思ったら、手前に総士居た。
三人で一つのタブレット見てた…。

1期見返してると総士と乙姫ちゃんが似たような仕草しているのがかわいい…。
壁にもたれかかっている時の足とか…この二人、見た目からはわかりくいけど似てるのが愛しい…。


一騎が人を傷つけても平気な人間なんだって思い込んだのって…何故なんですかね?
普通、記憶が曖昧になるならまずトラウマになる部分が曖昧にするだろうに…。
トラウマになった部分を残してる(+思い込みだっけ?)一騎って変だなって…。
仲の良い幼馴染を傷つけてトラウマになるのは分かりますが、人を傷つけても平気な人間だとか、自分なんて居なくなれば良いっと言うほどになるのはちょっと分からない…。

総士が一騎のせいと言わなかったのも、話せなかったのも島のことに関係するし、気にしている一騎にほの暗い思いもあったのは分かるのですが…(拗らせ総士…重い)

総士に傷を負わせたのも不可解なんですよね。
総士が怖かったなら、逃げれば良いんですよ。
なのに手にした木の枝で目という急所を傷つけている訳で…。
混乱していたからにしては、謎なんですよね…。
一騎のサヴァン症候群だか、紅音さん譲りの直感だとかで、こうするのが一番良い対処であると辿り着いて、無意識に目という急所を傷つけたのでしょうか?(普通の人だったら結晶生えてる手か、適当に振り払ってあんな風にザックリとした怪我にはならないと思う…)

でも傷つけただけなら、一騎があそこまでトラウマになる事はないと思うんですよね。
そもそも総士は幼少期から親(大人に頼れる人も居ない)に、島のために生きろって言われたり、ラジオ事件で体内のミール因子が活発化だので、一騎を同化したいって思ったのだって、自分の中のミール因子に引き摺られてだし…だとすると、一騎は本能的に目の前にいるのがいつもの総士とは異なる何かだと思い、傷つけられたことで総士が正気(? 自己を確立した?)に戻ったので、総士まだここに居るって分かって、それに安心した自分を、混乱も相まって人を傷つけても平気な人間なんだって思い込んだんですかね?
これならあの有り様が分からなくもないのですが…。
傷つけたこと自体より、そういう行動をとって安堵した自分って結構怖いと思う。 混乱してたなら尚更…。

でも13歳の時のすれ違いは、あれ拗ねているんですっけ?
拗ねているのに、14歳の時にファフナーに乗れ→大切なのはファフナーの畳み掛けによって、自分が知っている総士像と異なって悩んだ結果があのダイナミック家出だっけ?(見返しておいてうろ覚え…)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2472-f52ff085