Memosphere

HPのことや、日々のことなど

多様な社会=自由なあり方みたいに信じて仰るのとか結構見かけるのですが、同時にポリコレも訴えていらしゃってて…気になるんですよね。
個人的には多様な在り方が増えれば増えるほど、不快な事が増えるのは必然なのでは?っと。
正直、多様性=自由なあり方なの?ってなるのですが…。

ポリコレ=ポリティカル・コレクトネス。
PCとも略すみたいですけど、パソコンと紛らわしいっと思った思い出…。

以下はファフナーのことを適当に(私信込み)

樹さんとHAEを見たとき、なんで総士じゃない!は、やはり笑うポイントなのだなっと認識しました。
正直、映画館で見てた時は、声に出せないし、何より直前までの一騎がおとなしかったので、どうした君?って思って見てたのが、なんで総士じゃない!、で(燻り続ける激情の)一騎だ…良かった良かった(良くない)って安心した思い出(苦笑)

…抱きしめるシーンは、体調が芳しくない友を命削るような戦地に赴けと命じなければならない心境考えると、表現としては実体ある訳ではないのでああいう風なるのは、まあ普通だろう…って思っている。
絵面的には驚きましたけど!

あと前日譚の小説、映画の設定だと一騎は学校は休学という情報を鵜呑みにしていたのですが、その情報源どこだったか覚えてなくて、間違えているかも知れません!っと今更私信…。
一応映画の中だと夏休み時期だろうしなあ…。

○追記
確認してきました! っていうか普通にブックレットのキャラ紹介に休学中って書いてあった…。
前日譚の小説だと学校通っているんだけどなあ…。 映画は最初お盆前だから休学なんて説明なくても夏休みって書けば良いんだし…夏休みに入る前に目がどんどん見えなくなって休学扱いになったのかな?

ファフナーの設定って、資料本にないものが多くて、視聴者が混乱していると思う。
イベント時の発言が元とか…、ツイッターとか…で、続編でその設定が変わったりとか…西尾さんの息子夫婦が娘夫婦になったんだっけ? 真矢の同化耐性(耐久力とどう違うのか)とかどうなんだろう? よく分からない。
鈍器のような資料本まだですか!?ってなる…。

太陽と月のキャラソンはEXODUSの9話で謎のクロッシングを果たしてますよね…。
歌詞的には太陽と月より、存在と無のほうが合ってるかもしれないけど。
俺とお前ならやれるさ!的な意味で…。 
太陽と月は、聴いていたらつい口ずさみそうな曲なのですが、何も知らない身内が通り過ぎ様に、『良い歌じゃないか』っと呟いていったのが忘れられない…。
そのうちあの歌が作られた理由は語られるのかな?
そういえば声優さんって、声を作っている場合とそのままな場合とありますよねえ。
歌声聴くと驚く…。 当時、terraを聴いて!?ってなった思い出…。 2015verは19歳総士っぽいけど。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2479-68f09aec