Memosphere

HPのことや、日々のことなど

…タイトルと日記内容が違うのは気にしない!

そういえばEDの暗夜航路って26話分のシナリオを読んで作られたのかな?
最終話のEDが暗夜航路だったけども。

ところでホライズンコートって…能戸さんはアルヴィスコートって言ってなかったっけ?っと特典CD聴いてて思った。
どちらでも良いと思うけど!

こち留もね…一応読んでます。 年末だか年始の…4回目か5回目くらいのやつかな?
あれは読みそこねましたが。
しかし読んでいるとどうにも違和感というか、辛口感想?、っという感じに…。
冲方さん自身と世間や警察といった社会の認識に温度差とかズレがあるように感じるんですよね。
作家とか、先生というのに社会のしがらみ(ヒエラルキーとか)に左右されない自由性みたいなものを見出していて、それを権威性として感じていらっしゃる、のかな?っと思うような事が。
職に矜持を持つのも、それを奮い立たせるのも、理不尽とか怒りとか感じるの人として当たり前だとも思いますし、別に良い悪いの話ではなく。
方向性か…今回のような件だと、情か法か、どちらに重きとしているかというか…それによる違いと通用(適応?)するか否かというか…。

っていうのがこれまでの感想だったりして、これ辛口というか勘違いとか的外れだろうか?っとか思わない事もないのでは、はい。
個人的には題材としては興味深いのですが、読み物として面白いかといわれると、特には…というのも辛口感想になるかな?
単に好みの問題かなあ。
読みにくいとか思った事ないですね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2524-99d70ed0