Memosphere

HPのことや、日々のことなど

よく男性に性犯罪(痴漢とか)の話を振ると不機嫌になる、自分が責められている気がして嫌だというのを、何故そう思うのか考えたほうが良いのではっというのは分からなくもないんだけど、多分それ…女性の悪いところを話すと気分が悪くなる女性と変わらない気がする…。
女性で括らないで、私が(悪い事)をしているとでも?、私が何も貢献しないとでも?って不機嫌になるってあるあるだと思うんですよね。
どっちもどっちって言いたのではないんですけど、何故そう思うのか考えた方が良いのではっていうのは、男性に対して犯罪予備軍だって言っているように受け取らてしまっているのでは?っと。
自分が疑われているっと感じたら、男女関係なく、悔しいとか気分悪いなって思うんですよね…。
それをこれだから男はーっとか、これだから女はーっていう方向に持っていくような〆になっているので、結論としてそこを言いたいだけっていう風にみられてしまう気がする(実際そこが主だったりする事もあるし)
犯罪をどう防ぐか、起きてしまった時の対処を話し合いたいっていう風に思えない話し方している、っていうのはあるだろうなあっと。
相手に意見を求める話し方ではなくて、持論を一方的に話しているように感じで話し合いになっていない可能性が…。
聞いてほしいだけっていう気持ちが優先されるのってあるし…。

私が日記でグダグタ書いてるのは記事埋め…いえ、自分が日々思った事でもあるから書いてるけど、人によっては気分を害されるのもあると思うんですよね。 
現実、話を振ったら自分(同性)の事を責めてるの?って不機嫌に返された事あります。
話し方が悪かったのもあるんだろうけど、まずそっちに目が向いちゃうんだろうなって思った。 
そういう意図ではなく、そっから先に突っ込んだ話、意見を知りたいっていうものだと説明したらちゃんと話せたけど。
…自分の中では。
あとすでに結論が出た話をよくしていると、相手が鬱陶しく思うっていうのはあると思う。
自分もそうだし…。

因みに自分の中で、鬱陶しいというか面倒だなって思うのは、身内の霊感系の話。
現実、誤っている事実(真実が隠されているっとかいうものではなく明らかなもの)を無視した内容もあったので、
果たして本当に霊感あるのかというか…っと疑っているというより、単に、それがどうかしたんだろうか?ってなるという…。
例えば家のトイレに幽霊さんがいるらしいんですけど、トイレに幽霊? 変態?って思わず言った所、以来あまりそれ系の話題を振られなくなりました…(何の意図もなく最初に浮かんだのがそれだったんですよ…)
いや、だって…別に実害ないし、見えないし、分からないし、幽霊より時折現れるハチとかのほうが身動きとれない時困るではないかっと…(身内が足を刺された事が)
身内いわく、私は幽霊より(魂が)強いので、私は幽霊に憑かれたりしないそうです。
でも守護霊はいるらしい。 守護霊はいるのに幽霊には憑かれないってどういう原理なんだろうな…?
守護霊が守っているから…・って思ったけど、魂が強いからっていう事らしいし…個人的にいるかいないかを信じられないとかいうのではなく、いるならいるとしてそのメカニズムとかが気になるタイプなんですよね。

身内の話ではないけど、墓場に悪い幽霊居ないっていうの、なるほどって思ったなあ。
きちんと供養されているのに化けて出るわけないだろうっていうやつ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2557-bb0bfeb4