Memosphere

HPのことや、日々のことなど

FF15の情報きたー!って、アニメ? 映画? え…PV最後に!?ってなりつつ…
あの…全世界で限定版3万個って…少なくないですか?

個人的にサントラは欲しい、あと映画が一番見応えあった。
ゲーム自体はやれる気がしない!!っていう。
見れれば良いなあって思ってしまう…。
ゲームは自分でプレイするより見ていたい派…(下手なのでね!)

それにしても遂に今年、発売なんですね…長かった。
自分、プレイするかっとなるとまずはPS4の購入からになるので、どうだろうな…。
店舗別特典も色々あるなー…一気に出してきてついていけない…。

昨日の続きみたいな…↓ 相変わらずぐだぐだです。
何故○○出来なかったのかっと問うのは被害者を追い詰める行為だ、っという文言に既視感を感じました。
何だろうな?って思ったら、政治とか社会などで、問うたり責任を持てというのは暴力だ、負担だ、差別だっていうやつ。
身近に起こりうることだとしながら、何故○○出来なかったのかっという方向にいくと、
被害者(或いはマイノリティ、当事者、地元とか)を責めている…みたいに受け取ってしまって、身近なこととして対策を自分たちでも考える…っというところまで行かないよね…って思いました。

対策は政府や警察、専門家、社会にお任せ…っというのは分かるんですけど、身近なこと…じゃなかったっけ?っと。
(自分も社会の一員なんだけどな…)
そこに丸投げばかりしていると、一般人は馬鹿だからエリート官僚育成して政治を動かすべき論は間違いではなかったのか…っていう感じになるような気もしますが。
でも政府や専門職の人達が考えた案が良いかどうか分からなかったり、悪かったり、あるいは良くても与党が気に入らないとかで足を引っ張ったりとかで対策が進まなくて問題が先送りになることってあるかと思うんですよ…。
で、先送りになった結果、被害者(当事者)が傷抉ってでも立ち上がって対策に乗り出さないといけないような状況になったりするけれど、被害者(当事者)だから必ずしも良案が考えられる、という訳ではなかったりとかして…。
ここまで色々書いておいて、これを言うと逃げなのかも知れないけど、難しいなって…よく思うんですよね…具体的に思いつくかというとそこにいける知識が私に無い…。

○○は暴力だとか、差別だとか諌めて(叱って?)いるのかも知れないんだけど、実はそれが問題を先送りにしている事ってあるのでは?っと。
○○は駄目、で終わってしまうと、考えるっという事をしなくなるばかりで、それが続くと議論とか苦手な大人になるかも…?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2558-1900df15