Memosphere

HPのことや、日々のことなど

ファフナー…総監督がこそうしの呟きを…。
そろそろ11巻の告知はまだですかね?

働く女性の怒りの声、行き辛い社会に物申す…的な記事を読みながら…。
扶養家族についてどうお考えなんだろうか?っとやはり気になる。
社会が支援(面倒見る)するべき…つまり未婚者、あるいは子持ちではない家庭の出費やら負担やらが子持ちの家庭の為に増えると…?(これで辛いという声をたまにきく)
結婚していなくも同権利をっという事は、独身満喫しようにも出費や負担がかかると?
社会=国が面倒を見るの究極はスパルタ(国、制度)式ですかね? 徴兵とかアリですね?
男女平等…究極、自分にとって辛いことでも平等でやらざる得ない状況になりそう…って感じなのですが…。
得手不得手で配分違っても、得手の仕事が増えるだけだし、仕事も当たり前で評価されなさそう、それでいて給料とか同じそう。
(多様性があるのか疑問…)

そもそも男性が作った社会だから女性がいき辛い社会だと思っているところもあるのかな?って思ったのですが、
別に男性が作ったから男性がいき易いかと言われたらそうでもないと思うんですよね。
とりあえず身内に聞いてみたところ、辛いか?と聞いたら別に…でしたが、楽か?っと聞いたら、そうでもない…でした。
人生、楽あれば苦もあるさ、ですかね…。

…私は女性ですけど、女性の怒りの声的なのには???、だったりする事あるんですよね。
気持ちの面では分からなくはないんだけど、コスト面とか制度としてどうなのか?っていう感じで。
特に違和感を感じるのは、女性の声=女性の代表、みたいなところがあるからなんだと思うんですよね。
集団圧力とか同調圧力的な…印象受けるものあるので…。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2568-d6c2e6f2