Memosphere

HPのことや、日々のことなど

SAOの映画が岐阜でも上映館あるようで、アニメ映画が岐阜で見れるのは久しぶりだなあって思った。
(コナンは除く。 あと私はそもそも映画をあまり観ない…好みに偏りが!)
岐阜で観るのはファフナー以来かも? …音声だか映像トラブル無いと良いなあ…(何故か名古屋と岐阜でトラブルに見舞われた)
SAOは1期を一部見逃しているので、今放送中で予習。
キリトが好みかなあ。 女子は見た目とかならシノンなんだけど、ヒロインのアスナを応援したくなるというか、圧倒的な正妻感がありますね…。

サンファン(Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀)のニコ生最終話、やはりコメントありで観ると面白さ倍増ですね~。
漫画版読んだのですが、漫画版はキャラの表情とかあって放送とは違った面白さがありますね。
…個人的に絵柄は好みではないのですが。
漫画版の雪鴉は人間味増しですね(最初、物凄く違和感あった…放送だと割と余裕綽々、悠然としてる感じなので)
廉耆先生の出番が放送より多くて、廉耆先生が気になっていたので読めて良かったv
…この方、イラストで観ると悪そうなんですけど、人形はそうでもなくて、一体どういう人なんだ?って思っていたのですが…、漫画版を見る限り良い人そうというか、良識あるけど江湖に生きる人的な…。
(とりあえず弟子入りしてた時期はそんなに昔ではなさそう?)
ところで雪鴉の煙月は雪鴉が廉耆に教わって自作したやつだと思っていたのですが…漫画版読んでもはっきりとは、うーん?
放送2回、漫画版観ても雪鴉は廉耆が作ったとは言ってないと思ったのですが、続く『迴靈笛もまた廉耆先生の自信作~』とか言ってるので、『も』が引っかかって、どうなんだろう?
廉耆先生は雪鴉の狙いがわかった上で付き合ってくれてる人な気がするなあっととりあえず夢見ておきます(笑)
そういえば迴靈笛は笛としては二流みたいな事を無生に言われてましたけど、道具なんて使い手による(by殤さん)みたいな事を劇中で言われていたので、無生さんの笛吹きとしての実力は…っと思ってしまった…。
それでも通れたのだから、目的のための計略をめぐらさなければ、魔脊山って特に問題ない土地に思えてくる…雪鴉当人にとっては(殤さんにとってもだろうけど。 まあでも好んで行きたい場所でもないし、面倒な場所には違いなさそう)
丹翡が一緒だし、なるべく自分の力を見せない方向性で計略しているから、ああなるのかっていう…。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2751-92986996