Memosphere

HPのことや、日々のことなど

謎好きで、最初に面白いって思ったのと絵柄が好みだったので雪鴉が好きですが、
謎というと殤さんも大概謎で気にはなるのですが、想像(妄想)するより本編待ちして観たいという気持ちが強いです。
なんていうか、普通に格好良いので面白みより安定感あるなあっていう感じで、私の謎好きセンサーにはあまり引っかかりませんでした…。

そうそう、凜雪鴉のおかげで、『凜』と『凛』の違いを覚えました(笑) 
脳内では雪鴉の事は凜さん呼びしているのですが、凜だと他の作品のキャラと紛らわしいので雪鴉表記使ってます。
でも『せつあ』ではなく、『ゆき からす』で変換しているので、ゆきあ…っと脳内で混ざってしまう…。

雪鴉、1話で殤さんを(暇つぶしかも知れないが)悪党かどうかはかってたような気がするんだけど、傘の為に人助けして帰ってきて、凄く嬉しかったというか楽しくなって打算抜きでも殤さんを気に入ったのではないだろうかって思ってる。
悪党をからかって遊ぶ事が好きみたいだけど、お人よしも普通に好きそうだなあって…特に、殤さんみたいなタイプは面白くもある感じで気に入ってそう…。

コミカライズとか読んでいると、雪鴉って計略するけど割と素直では?って思う事が。
廉耆先生と会う前に雪鴉の表情見た丹翡に嬉しそう(だったっけ?)みたいな事言われたり、最初から剣が目的ではないと言ったり、殤さん相手にも素直に回答してるし…根は結構素直なのかなあって。 
…まあ、欲求には正直な方な気はします(やると決めたらやり遂げるってあたりとか過程はどうであれ。 そういえば殤さんも似たような事言ってるんだよなあ…対比しているようで根が似ていると思うんだ、この二人…)

刑亥を引き入れるのに擁護してる感じだけど、刑亥とのやりとりを見ていると、刑亥(妖魔)の出方をはかっている=また悪党として動かどうか、のように見える…(不安定要素とか行き当たりばったりなの楽しんでいるっぽいけど)
狩に対しても似たような感じ。 

雪鴉は老成した雰囲気なのに、楽しげに内緒だっとか言っちゃうような子供っぽさのギャップが良いのかも(ただし外道である) 
武を纏い、侠に生きるっていう文言も最終話観た後なら、成る程だけど、それまでは貴方が?って思ってた。
剣を出してきたときは、戦えるんかい!ってなったわ…伏線はあったけど、本当にそこまで出来るキャラというのは妄想酷いだろ自分とか思っていたら、本当にチートでしたしかも外道でした…吃驚した。
悪党の矜持を折るのが好きv…っていうだけでも驚いたのにその筋金入りっぷりを最終話で見せ付けられてた気分。
(何の為に生まれた=私にからかわれる為だろう!って意味かと思ったけど、考えてみたら、お前の矜持は無双の剣技ではなかったのか!的な意味のほうが正しいような気がしてる)

煙月の用途メモ。
幻覚作用(あれは術でも施しているんですかね? 幻覚が人によって異なるし。 ところでこれ名称あるんです?)、
火を操る(曰く宴会芸だっけ? これ忘れてた…)、
ピッキング用品(2種類だったっけ?)、
煙草詰め替える(仕草必須?)と、剣になる(曲線が美しい…羽が舞う不思議) …他にあったっけ?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2756-7f00ba01