Memosphere

HPのことや、日々のことなど

(をするのは見損ねてた生放送とか、交流会の様子とか拝見してからという理由がっ!)

個人的には与党に求めるなら野党にも求めるのが筋では?って思っているタイプです(野党が与党になったらどうなのかって思うので)
もしくは与野党問わず、ですかね(漢字の読み間違いとかって政治家としてそれほど問題視されるべき資質なんですかね? そのレベルを求められると、それはそれで…エリート主義なのかな…?とか、頭の良さだけが政治家として正しい要素ではないだろうし…そういうの求めていくと偏らないかな?って思わなくも…)
男女でも似たような感じで…女性ならではとか、女性の権利がーと前面押しにされると、いえ…求めているのは性別という訳ではなく政治家として、なので、女性の前面押しは微妙です。 別に女性だから政治家になってほしい、もっと増やすべきだっという風に思っていないので…。 

国連から勧告が…っていうのが話題になった時、これ…個人の見解では?って思ったのですが(考慮に値するしないは別だし、賛成反対はさておき)
事実上、国連からの最後通告だ、国連からの勧告をきくべきだ的な感じで批判があったんですよね。
ところが国連(事務総長)の回答は、国連の総意ではない…っていうのがきたのかーって思ったら、
今度は国連の政治利用は問題とか、個人の意見も大切っていう批判になって、
国連からの勧告をきくべきは政治利用ではなかったのでしょうか?って思わなくも…。
個人の見解だったから政治利用ではないという事なんでしょうか?
これ与野党逆でも同じように問題視したのでしょうか?
同じように問題視しても、筋としては目的と手段が同じになって、筋が悪く感じるような…?
(主張している根っこの部分はブレていないから、筋が通っていると思われているかな?)

そもそも国連が清廉潔白で、国際的に格別に先進的で正しい機関であるという認識を持っている訳ではないので、国連からの勧告がーっていう意見に対し、なんか権威主義みたいにも見えるような…?っていう感想が…(まあ、結局力っていうのはある種の正しさがあるとか、必要なんですねっと思わなくもないですが)
権威主義かどうかを問題視したいとかいう話でもないのですが。

…なんていうか、政治(社会)に求めるレベルの加減が把握しにくいんですよね…。
気に入る気に入らないという気持ちに際限がないというか、納得いかない!っていう気持ち先行、最重要みたいな感じで、法的根拠やら共同体をすっ飛ばしいるのでは?っていう…。
共通する法的根拠より、共通している訳ではない気持ちになってくると、基準が把握しにくくてどこまで?ってなる。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/2984-a07d539c