Memosphere

HPのことや、日々のことなど

身内(女)の身内(男)に対する愚痴が何とも…。 
(長くなったので続きからどうぞ)
いや、感情としては分かるんだけど、同意や共感しても原因の改善にならないし、ただ聞いてくれるのを求めているなら壁にでもどうぞ…っという感じになるというか…。
受け皿といえば聞こえが良いけど、ゴミ箱扱いされているようにも感じなくもないですからね…。
私にはそんな器の大きさがないというか(人生経験や他人との関わり具合とか乏しいし、自覚はあるんだけど、乏しい私には分かる訳がないみたいな事言われるのに)、身内が求めるような優しさはないんですよね。 
身内が自分の事でいっぱいなように、私もいっぱいな訳で…。
まあ、身内からしてみれば暇だろうし、これくらいなら良いだろうっという感覚なんだろうけど。
互いが許容範囲の基準を誤認している感(私は私で今まで我慢してきたから大丈夫でしょ、私よりやれるでしょっていう感覚があるので…実績からすると確実にやれるんでしょうけど、積み重なって決壊したっていう感じなんだろう、うん…)

身内は相手に対して過度な期待をしているなあっとは思うんですよ。
でもこの身内は今まで相手の過度な期待を我慢してやってきて無理が祟った部分もある訳で…。
相手はむらがある性格しているんですよね。 得意分野以外(得意分野でも)は基本的に60%くらいやる気を出してやれるかどうか、みたいな。
対して今回愚痴ってきた身内は、やらなければならない事として得手不得手関係なく基本的に60%以上こなそうとする人で…この人からしてみれば相手はやれば出来るのに怠けてやらない人っという感じになっているっぽい。
むらがある人って、怠けているというより、本気で常に発揮出来ないみたいな感じなんですよね。 まあ、多少の怠け心があるようにも見えるのですが、これは出来る出来ないとかの基準が異なっているだけかも。
確かに腹が立つんですよ。 でも、どちらも分からなくもない感覚です…程度に差異はあれ、自分にもどちらの感覚もあるので。
ただその辺が身内にとって冷静になれない部分が多いというか…割と理屈をつけて愚痴られるんですけど、尋ねると具体的に何がどう気に入らないのかとか説明しないんですよね。
言っても分からないでしょ、とか、言う気が無いっていうんですけど…確かにそうかも知れませんが、自分が我慢してきた苦しみを味あわせることで相手に共感心を持ってほしいっと考えてないかなあ?っと…。
共感心持てば身内が求めている気遣いとやらを学習出来るとは限らない訳ですよ。
むしろ苦しみを味あわせるばかりとしてより硬くなになる場合がある訳で…。
(無理に理屈つけているようにもみえるんですよね。 別に感情でも構わないと思うんですけど、相手より自分は悪くないっという保身に走りすぎというか…まあ、気持ちは分からなくもない、自分もやる/苦笑)
それも一つの手だとは思いますが、それが通じるのは同性である事が前提ではないだろうか?っと。
異性相手に通じる感覚だろうか?っと…。
少なくとも女性と男性とで、求められるらしさに今よりも差異がある時代に育ってきた人達なので、共感とか…難しいと思うんですよね…。
解決したい訳ではないっと言ってしまえばそれまでですけど、私はゴミ箱でもないし、相手は小間使いでもはないんですよ(普段の身内の理屈から言うと)
身内いわく、今相手が出来ている事は小間使い程度、みたいな事言ってたんですけど(感情高ぶってたから半分くらい本音っぽいかなあ?) 
でもそれ、身内が今は出来なくなってかわりに相手がやっている事なので、昔の身内に比べればまだまだだろうけど、貴女…小間使いで良いの?、例えそれが今より出来るようになったとして、そんな相手に男としての価値を見出せるのか?って思いましたね…(なくても良いならそれはそれで便利な存在とか、相手に無条件で庇護してくれる、肯定してくれる親というものを求めている事になると思うんですけど、相手は身内の親ではないんですよね…。 男性である以上、父親といような男らしさは求められる部分があるとは思いますがね…)
子が女か男かで求められる性質って異なったりする方だとは思うんですよ。 男だったら力仕事、とかね(うちだったらネズミ退治とかな…)
ましてやそれが夫婦だったら、もともと他人ですからね。 夫が家事育児など出来るようなってそれが当たり前になった頃、果たしてその存在に異性としての魅力を感じられるだろうか?っと。
女性の場合、夫に求める異性らしさって家庭的な事より、力強い男らしさな傾向が強いと思うんですよね…。
人によってはやっていけなくもないけど、生憎とやっていけるタイプにあまり見えないので、大分無茶な事要求してると思う…っとなった今日この頃です。
そもそも身内も我慢してきたとはいえ、最初からいきなり出来た訳ではないし、常に完璧に出来た訳でもないのに、相手がやれて当然としすぎ感…。
確かに当時の身内よりは老いてますけど、老いてても家庭的な経験が少なかったら、若い頃とは吸収力も違いますし、うーん…ってなっちゃいますね…。
(大体にして人一倍我慢強い身内は自己評価が低いのも困りもの…謙遜というより嫌味かな?っと穿った見方をしそうになるので…)

解決よりも共感を求める事で感情を静める事を対処法にしているという事は、おそらく自分が我侭や相手にとって無茶な事を言っているという自覚が大なり小なりある方なんだと思うんですよね。
妥協に持ち込む算段もあれど、相手を気遣っているようにも思えなくもないかな?
共感が、平和的な解決方法、互いの妥協点みたいな認識をしているのかも…?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/3091-290e4935