Memosphere

HPのことや、日々のことなど

そういえば以前、遺伝子的に女性のほうが優れている、だけど教育によって男性より出来ないみたいに思わされる、女性をもっと採用するべき…みたいなの見かけた事あるのですが、それ普段は女性を弱者側にしている論からすると、遺伝子的にばらつきが激しく平均的に劣っている男性を優遇してあげないといけないっという事になるのでは?っと思った事が…(それが正しいとかそうであるべきとかいうのは別にして)

刀剣乱舞 活撃の公式生放送、特番をようやく観ました。
とはいえまじめに観たのは声優さん達の部分だけだけど…。
(アニメ自体は時々観ていたので)
薬研がヒロイン枠というか、太ももがって言われているのに笑った。
そうか…あの面子だと、うん…でも兄貴みたいなギャップが良いんだよねっと。
あの兄貴的な、わかったっと即答してくれるところ、好きだなあ。
とりあえずこれで一応、通しで全話観たと思う。
よくよく考えると堀川が兼さんの相棒っていうの、最後のほうにならないと分からないなって思えなくも…。
なんていうか相棒枠が陸奥守ぽかったというか…。
ストーリー的にはまどろこしくは感じるかも? 陸奥守の描き方は良いと思いますが。
推しの三日月はなんかこうラスボスとかとっつきにくさが強調されて、声の感じとで違和感。
キャラの解釈がなあ、異なっているんですよね。
とはいえ私はあまりよく知らないので、刀剣乱舞ってゲームでのボイスくらいからしかキャラを把握出来てないんですよ。
なので最初からあるボイスでの解釈で、じじいだけど思ったよりもじじいではないっという印象だったんですよね。
『よい』ではなく『いいぞ』って言ってたり、台詞だけ見るとそこまでじじいとやらでもないなっと。
ところが後に声優さんが思ったよりおじいさんなんだなっていう解釈になったみたいで、○周年記念ボイスとかだとじじいっぽさが増したみたいで…まあ、じじいと申告してるからその辺は結構なんだけど、ラスボスとか人を褒めないというか珍しいって思われるの、実直とかいう基本説明に反しないか?っという感じで、うーん…っとなってしまった活撃。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/3108-a3d9782f