Memosphere

HPのことや、日々のことなど

男女平等指数を主に気にして日本は駄目っていうのもなあ…って思いながら調べてたら、『日本の女性団体などからの指摘で101位に下方修正され』っていう情報目にして、なんかこう…脱力というか呆れというか怒りというか、そういうの超えて、本当に平等にしたいんだろうか?、救いよりも、社会に対する恨みとか憎しみのほうが先立ってませんかね?っと思いました…。
このランキングを元にいかに日本が酷いかを語られる場合があるのですが、いうほど信用性あるものでもないかもしれない?
(確か報道の自由のランキングも、圧力があった的な事を言っていたかと思えば、会見の時はなかったとか言ってたとかで、???ってなりましたね…)

怒りの声(不満に聞こえたりもするけど)…っていうけど、本当は不安なんですよね?って思う時が。
不平等だとか、相手が傲慢で不満があるから怒りの声ではなくて、自分を守ってくれると信頼出来ないから不安なのでは?っと…。
不安を不満に変えて吐き出していくと筋違いになったり、相手が本当に悪くてもそれ以上の呪いのようになって本当は相手が悪い訳ではない事でも相手への不満として蓄積されて、終いには相手が悪いという結論から入った論になっていってる気がする。
正直、相手が傲慢で古臭い意識してるのが問題というには、自分勝手なわがままというか…とにかく相手が悪い(らしい)っという結論に持っていく為の論だったりして、気持ちとしてはある程度は分からなくもないけど、社会という共同体のあり方に苦言を呈する論としては利己的過ぎるのでは?っと思う訳です。
何故そうなるのか、それが不思議だったのですが、他人(社会)を信頼出来ないんですね。
他人(社会)から虐げられてきたとか、助けて貰えなかったという感覚のほうが強く根付いているから、法で固めたりすれば他人と関わらずとも自分を守れるし、法から外れた人は虐げてきた存在だからそれが罰せられるのは当然で(合法的な復讐の感覚かも?)、その方が安心して暮らせると。
いや、なんか割と自分を守れるのは自分だけ、みたいな意識強そうだなあって思いまして。 社会はしがらみで重い、らしいので、がんじがらめな型があるほうが安心して過ごせる感じなんだろうなあっと。
(ただそういうのが自由で型にはまったあり方ではないと思うあたりが、周囲と価値観共有出来てない部分で衝突繰り返しているんだろうな…)

暮らしてこれたっという時点で、社会の恩恵を受けてこられてきてた訳だけど、そういうのは実感し辛いですからね…。
あと幼少期の環境でそういう思いが強いと中々ね…。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/3145-10e2bf2a