FC2ブログ

Memosphere

HPのことや、日々のことなど

真面目な話題って書くのに凄く気を使うというか、上手く書けなくて何か語弊あるような…?っていう感じで、自分の文章力に撃沈します(苦笑)

妻に寄り添った姿勢として、男性が仕事より大変だった、仕事の方が楽だった…っと反省するのは悪いとは思わないんだけど、そういった在り方を支持される方の中には、前提として家事や育児を仕事として見ていない、もしくは立場が低い仕事=だからやらせられていると、男尊女卑的な目線で家事や育児をみているんだなあって思う時があります(その価値観自体は外国由来な大きく影響していそうな気が…労働は罰、家事労働は貧乏人の仕事っていう。 その価値観で日本の労働は尊いものっていう価値観を外国では差別だから日本は差別的なのっと言ってしまうのは違和感…日本だと外で働くのも家を中から支えるのも大事な仕事と教えてきた訳ですし…。 実際中と外の両立は男でろうが大変な事ですし)
日本は男尊女卑だと批判されがちみたいだけど、昔の、家事や育児は外での仕事との両立が難しいくらい大変な仕事である…っという)認識の方が、妻(女性)の地位を低くみなしていなかったような…相手に敬意をはらったあり方な気がしなくもないなあって。

なので、圧倒的男尊女卑社会かのように言われたり、人権後進国とか差別主義とかいうのは、どうなのかなあって思っちゃいますね。
外国とて、移民や難民を受け入れるべきっと仰ってた方が、では今日から移民や難民をご自身の家に住まわせてあげてくださいみたいな事言われたら、それはちょっと…的になったり、極右(らしい)を支持するような貧困層が近くに居ないとか言っちゃったり…右を支持している人は貧困層というのはバイアスではないのか?、事実だとしても職業差別的に聞こえるというか…って驚いた思い出…なんというか当然の権利でだから感謝も謝罪もしなくて良いとは言うけど、ブルジョワ(っていうのかな?)的発想だけどノブレスオブリージュとやらを発揮している訳でもないような?って思う時があるんですよね…思い違いなら良いのですが…。

っというのが私の暫定的だけど、前提とした価値観な訳ですが、完全分業かどうかは各家庭の采配で対応していけば良いと思うっという感覚だし、外で働いてくるのも立派に家事育児に貢献していると思うので、男性も主体的に家事や育児を外で稼いでくる以外でも直接的にやるべきだっというのであれば家事や育児の支援で女性ならではとか女性の目線で女性の為の…っという前提の支援は、女性に偏った感じがするんですよね。
少しでも失敗したり気に入らないと役立たずとか使えないとか言われたりするし…稼ぎはそのままにやるように…っていうのは中々こう…まだまだ男性が家庭に入りにくい現状があるような気がします…。
正直、子育て支援の意識でいうなら、女性の支援といわず、家族の支援という意識のほうが大事な気がしなくもないかなあって。
家族に夫含んでなくない?ってなるんですよね…。 女性と子供で、子供を0歳から保育に任せて、働きに出る母親の事は、立派に家事育児に貢献しているとするのに、男性の場合はその程度でやったと思うな、ですからねえ…そうではない家庭もあるんだとは思うのですが、問題として吹き上がる系がそういう感じな気がするというか…普通に男性でも家庭と仕事の両立って難しい事なので、下駄を履かせてもらっているから~っというにはどうかなって…正直、隣の芝生は青くみえる的なものな気がするというか…。 割と下駄と抑圧はセット感。

…で、実はここからが本題のつもりだったのですが、来月は母の日があるではないですか。
母の日といえばエプロンが定番だったと思うのですが、昔母に尋ねたところ、もっと家事をしろっと言われているみたいで嫌って言われたんですよね…。
大人になった今ならその気持ちも分からなくはないのですが、子供(小学生)の頃は少々傷つきました(苦笑)
でも分かると同時に、母が結構ひねくれた受け取り方してるよな…っとも思いました。
母も今思えば、まあちょっと…っと思うところはなくもないらしい。
母の日といえば、仕事をしている母親への感謝のプレゼントだと思うので、仕事で使えるものをプレゼントという意味では間違ってはいないと思うんですよ。 なら癒し系のものでも良かったとは思いますが、園児の頃と違って感謝のお手紙や絵とかではなく、お小遣いを溜めて買える、いつもと違ったものっとなるとエプロンだったんですよね…親への憧れというか、特別感があると思うんですよ。 自分が一生懸命選んだものを仕事で使ってくれたら、自分も親の仕事の役に立てたっていう…感謝の気持ち=親の役に立ちたいっという思いからエプロン的な…勿論家事のお手伝いもありですけど、物でっていう…小さいうちは危ないからって台所はあまり…だったし(うちは古いので色々危険だった…今でもというか古さがまして更に危ない気がするが…)
自己満足だろって言われたそうかも知れませんが、子供の成長的に悪い事なのか、親のしている事に感謝と憧れを持つのは悪い事なのか(父親が主夫していたら父親にエプロン贈っていただろうし仕事で使えるものを選んでいるので母親だからエプロンという感覚とは違うと思うし、大人になれば女性=家事育児かどうかはそうでもないとか普通に分かると思うが…)、子供からみて家事は大変だけど、そんな大変な事をきちんとやってる親に憧れを持もってもらえるような姿を見せてきたと事の現われ(評価)でもあるし、そこで生活必需品みたいなものより贅沢品(高価ではなくても)が欲しいという気持ちもまた自己満足(親個人の)だろうという話になるというか…悪い訳ではないけど、何故それを選んだかの過程についての評価が子供の自己満足と捉えられてもな…という話になりかねないような?
そして父の日ですよ。 父の日にネクタイ渡したら母親的には微笑ましいか特に気にならないと思うのですが、母親にエプロン渡すのとどう違うのかと…。 
父(男)が、もっと働けというのかー!って嫌がったら女性は幻滅しそうな気がします…。 
ここで母ならそういわれても大変なんだなって納得出来るなら、良いか悪いかはさておいてバイアスな気がするかも?(保守的な感性なら筋として分からなくはないけど、平等とか自立性とか言われるのであれば、ん?ってなるというか)
家事や育児に対して大変だと言いつつ、地位の低いものっていう見方を母親自身がしているようなっていう…(実際、自分のお給料から保育費は出したくないけど、子供のステータスになるであろう習い事には投資も吝かではないという…ある程度なら難しい資格もなく家事育児って出来るのは事実なのだけども。 昔は保育園といえば幼稚園よりランク下っていう認識だったのになあ…今では保育園に入れたい、だからなあ…)
ただどういう家事育児の分担具合なのかとかにもよるし男女双方にバイアスはかかっているので、まあ…。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://celesphere.blog45.fc2.com/tb.php/3627-d9ff7cdb